「メッザ・ルーナ」は2枚刃に限る!

イタリアにある日本には馴染みのない調理器具の1つに、「メッザ・ルーナ」があります。メッザ・ルーナは訳すと「半月」。半月の形をした、外側のカーブが刃になっているものなのですが、両端に取っ手が付いていて、両手で揺らしながら材料を切ります。これ、大きいものから小さめのものまでありますが、私が持っているのは、小さめの、しかも2枚刃!料理教室などで大き一枚刃のモノを使ったことがありますが、当然ながら刃が1つなので切る速度?も半分?香味野菜なんかもこれで切る人がいますが、私はそれはメッザ・ルーナでは上手に切れず、小さな葉もの=ハーブのみじん切りに使っています。

この2枚刃のメッザ・ルーナは、おらが村に越して来てすぐ、たまたま見つけたもの。しかも、真ん中がくぼんだ専用まな板とセットで2.50ユーロと破格だったので買ったのですが、本当に重宝しています。ハーブ塩を作る時はもちろん、この日は「セージをたんまり使った鶏肉料理」でセージを切りました。

しかし、上の写真をご覧のように、ヘビーユースで10年以上経って片方の取っ手が割れてしまった!極太ゴムでかろうじて固定して使っていますが、同じようなサイズの、特に2枚刃ってなかなか見つからないのです。完全に壊れる前に、どっかで見つからないかなぁ~(やっぱりCasalingihiamo??)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フワフワ?シュルシュル?クレマチス(鉄線)の不思議

  2. 【我が家の食卓】ターキーのストラッチェッティ(パン粉焼き)

  3. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

  4. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

  5. 雨と雲続きの、すっきりしない5月

  6. イタリアでは「おうち注射」は当たり前

Copyrighted Image