何でも相談できる友達のいる幸せ

誰かの意見を聞きたい時。
とにかく話を聞いて欲しい時。

そんな時ってありませんか?私は基本ポジティブ思考で自分で何でもやっちゃう方ですが、「これ、私がいいと思ってるだけちゃう?」と不安になる時や、「あーもう無理!誰か聞いて――!!」て時も、少なからずあります。2月は新しくやりたい事と同時に、長男の件でいろいろ悩んでいて(ダンナとは毎日のように話し込んでます)、あああああああああーーー!と、あを100個くらい並べたいほど。そんな時に「どう思う?」「聞いてー!」って言える友達がいることのありがたみを感じています。

朝はイタリア在日本人友人と用事だけの電話のはずが、結局その相談にも乗ってもらっちゃって1時間ほど。そして午後は午後で、おらが村の友人・カテリーナと約束をしていたので、えっちらおっちらプチトレッキングも兼ねて、休暇の家まで行ってきました。

フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

1月に行ったときは、ミラノのお父さんが体調を崩して駆けつけたばかりだったので、カルロだけでカテリーナには会えず。なので会うのは久しぶりのカテリーナ。中学校の教師補佐(インクルージブ教育のため、通常の学習が難しい子の補佐につく先生)をはじめ、生活が一変した話、本業の環境ガイド&アソシエーションとしての新しいプロジェクトのために奔走していること、などなど・・・見た目はかなりおっとり落ち着いている彼女ですが、とってもアクティブで面白く、めちゃくちゃ気が合うのです。そしてうちの長男より2つ上の娘さんもいるので、今回の長男の話もじっくり聞いてもらってすっきり・・・「ていうかさ、何やろうとしてるの?教えてよ~!」と聞きたそうにしていたので、私のやりたい事の話も全部聞いてもらいました。いや、聞いてもらったというか、カテリーナにも関係あるので意見交換、かな。

新入りのワンコ、ジルダ。

 

「うん、うん、それめっちゃいいと思う!大好きだわ、そのプラン!」と太鼓判をもらっても、実はちょっと小心者の私が弱音を吐くと・・・

「楽しんだらいいのよ、私は一緒に楽しませてもらうわよ」
「私たちが楽しまないと、受ける人も楽しくならないわよ」
「余計な心配はせずに楽しめば、あとから何でもついてくるって」

・・・あ~カテリーナって私よりも断然ポジティブだわ(笑)。

15時過ぎに来て、ぽかぽか陽気の庭のテーブルでしゃべり続けていると、もう17時半!!話も一段落したところで急いで家に向かおうとすると、向かいの原っぱで、いつもの羊たちを発見・・・あ~赤ちゃんが生まれてる♥ たくさん歩いて、自然に癒されて、友達と会って、心身ともに満たされた1日。コロナ・ロックダウンからもう1年、今年の春は昨年とは違う春になるはず!

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 【我が家の食卓】クロスタータはマンマの味!我が家はチョコクリーム派

  2. トスカーナはイエローゾーン、高校も通学開始!

  3. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィレンツェ」だった

  4. イタリア田舎町では、「改造アペ」が超かっこいい!

  5. 暑苦しさをとるか、心苦しさをとるか

  6. 厳しい冬がやってくる~冬時間の到来と新しい首相令

Copyrighted Image