5月4日~のイタリア・ロックダウン「第二段階」でどう変わる?

ご存じの通り、イタリアでは3月初旬から学校閉鎖、3月10日~食料品などの店舗(20日~は一部の州を除く本屋・子供のための店)以外はすべての小売店はクローズ、それに関連する産業も全て活動停止、公園なども閉鎖・ジョギングやウォーキングなどオープンスペースの個人での運動も禁止されています(犬の散歩は家から200m以内)。食料品の買い物など、理由ありの外出には自己申請書携帯&トスカーナ州ではマスク装備が義務となっています。つまり、もうロックダウンから8週間目に入っています。

これは5月3日までで、4日~どうなるか?に注目が集まっていましたが、4月26日夜のコンテ首相の会見で、5月4日~のロックダウン・規制緩和策が発表されました。

5月4日~
一部今週から、全ての生産活動・工事などの再開。飲食店はテイクアウトのみサービス可能。同一州内で家族との面会(会合&宿泊はダメ)、オープンスペースでの個人での運動(ただし他の人とは1~2mの距離を取る)、公園の開放(ただしマスク&適切な距離)、参加者15人以下の葬儀が可能。それ以外の集まりは禁止。

5月18日~
全ての小売店、博物館や展覧会、図書館の再開。団体スポーツの練習再開。

6月1日~
飲食店と美容院・エステの再開

学校について
今学年(通常6月10日前後まで)は再開せず、9月の新学年より。高校・中学の最終学年にある「卒業資格試験」については、どうするか検討中。

教会のミサについて
これは当面禁止らしく、司教たちが怒ってるってニュースで見ました。信仰の自由はないのか!ということらしいですが、信仰どうこうでなく「3密」なんですが。距離やマスクの他に、司祭からパン(生体)を口はもちろん手で受け取る事、握手などミサの中の感染に危険な行動をやめればできなくはないのかな?ルールを決めて許可を出す方向のようですが・・・ともあれ、なんかイタリアらしい(笑)

・・・となっていますが、

この発表は5月4日~17日まで有効

なので、18日~のものについては、この2週間の動向によって変わる可能性も含む、ということ・・・なんでしょう。まだまだゆっくりとはいえ、この8週間のロックダウン、ピークだった時の数々の悲劇を思い返せば、大きな一歩。

でもでもでも・・・良くも悪くも?慣れてしまった家ごもり、そしていつの間にか13人にも感染者が増えてしまったおらが村(ちなみにホームドクターも感染)。いくら店が開いても(しかも、ほとんどが食料品店なのでロックダウン中と変わらない)、わーい!ともろ手を挙げて外に出まくったりもする必要性もなければ、そういう気分にもならない。もちろんうちは庭があるから、やっと外に出られるマンションの人とは違うかもしれませんが・・・そしてやはり、1人マンションでこもっていたマンマには会いたいけれど、これも万が一自分が無症状の感染者でうつしちゃったら?という不安もゼロではないし。

実際の制限解除も、私の「精神面の解除」も、徐々に様子を見ながら、になりそうです。

関連記事

  1. 天然酵母を初めてパン以外に使ってみた

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第6回目が公開となりました

  3. 洗練された西天満のイタリアン「オステリア・コモド・ヒロ」

  4. イギリス紙「Times 日曜版」に物申す ~ 旅の美しい思い出は、忘れさせられるもんではない

  5. トマトの収穫、双子のズッキーニの花、そして白菜!・・・2020年夏畑日記(7)

  6. 郷土色いろいろ!トスカーナのカーニヴァル菓子

Copyrighted Image