メディチ家礼拝堂、ミケランジェロの「秘密の部屋」特別見学に参加

ルネサンス期の偉大な芸術家の1人、ミケランジェロ・ブォナッローティ。彼は1527年から30年にメディチ家が追放されている間に共和国派の都市計画に参加していため、メディチ家出身のクレメンス7世からの迫害を恐れ、メディチ家礼拝堂の下の小さなスペースに1530年6月~10月に身を隠していました。その部屋の使い道は近年までは不明であるものの、1950年までは炭の保管庫として使われていたもののその後は放置されていましたが、1975年になって当時のメディチ家礼拝堂の館長による指示でそのゾーンの清掃を行っていたところ、身を隠していたミケランジェロが壁に描いたデッサンが発見されたのです。

場所はちょうど、新聖具室の下。たった10×3m、高さは2m半ほどの小さなスペースゆえ、一般公開は今まで行われていませんでしたが、2023年11月15日~2024年3月30日に実験的に公開だと知ったのは12月。30分おきに4人という公開方法であったこともあり、すでにそれを知った時には全て売り切れだったのですが、7月まで公開延長のニュースを聞いてすぐに連絡を取ると奇跡的に予約が取れた!……それは1月、予約が取れたのは4か月後の5月8日。

チケットは秘密の部屋だけでなくメディチ家礼拝堂の見学もついていたので、予約時間の前にそちらから見学しました。2013年から8年をかけて行われた修復後、初めて訪れたメディ家の礼拝堂は、メディチ家の贅を尽くした重厚な空間。1600年代から始まった工事も工期が長引くにつれメディチ家の情勢も変わり、結局未完成に終わっています。天井に描かれたフレスコ画は1800年代初め、床のモザイクに至っては1962年に完成したそうです。祭壇の貴石芸術、その裏の左右にある聖遺物コレクションやメディチ家が輩出したレオ10世、クレメンス7世にまつわる物品が展示されています。

ミケランジェロ設計の新聖具室は、この礼拝堂とは対照的に白の大理石で統一された空間です。ここはミケランジェロの彫刻コレクションで、写真はロレンツォ・イル・マニーフィコ(豪華王)の末息子で法王レオ10世の弟であるジュリア―ノのお墓。下の左は夜を表す女性像、右は昼を表す男性像が横たわっています。その対面にはロレンツォ・イル・マニーフィコ(豪華王)の孫であるロレンツォのお墓で、こちらは下に曙を表す女性像、黄昏を表す男性像が横たわっています。この2つの墓の間には、ロレンツォ・イル・マニーミフィコ(豪華王)とその弟で「パッツィの陰謀」で殺害されたジュリア―ノお墓が。こちらは聖母子像だけがミケランジェロの作品となっています。

その後、もう一度エントランスに戻り、秘密の部屋の見学者集合ポイントへ。1回につき4名のはずがなぜか私と長男以外の2名が姿を現さず、なんと私たちだけ2人の独占見学に! もちろん自由見学でなく、しっかりとガイドも同行で、15分というスペースの割にはたっぷりの贅沢な時間となりました。さっきまで見学していた新聖具室に戻り、祭壇横のスペースの小さな階段を下ると……そこがすぐ、あのミケランジェロの秘密の間です(TOP写真)。下からライトアップされ、500年以上前のデッサンが浮かび上がるその空間は神秘的とも思えるほど。

最初はただゆっくりとデッサンの1つ1つを丁寧に眺めていたのですが、質問をするとしっかり答えてくれるガイドさん。ならば、と思いついた質問を次々にしてみたのですが、なんでも答えてくれて高価ではあったものの素晴らしい経験となりました。デッサンはミケランジェロ自身のそれから先の作品の下書きであったり、それまでに見た自分以外の有名作の模写だったり。あくまで推測であるとはいえ、薄暗い中で隠れながら、創作活動をしていたミケランジェロを想像すると、ロマンを感じます!!

たとえばこれは、新聖具室にあるジュリア―ノの像の膝から下の部分

そしてこの写真の右の横顔は、向きは逆であるものの、ジュリアーノ象の下にある夜を象徴する女性像の顔。

これはローマのヴァチカン博物館にあるラオコーン象の顔。

独占状態で撮影した動画もどうぞ!

こうしてたっぷりと、ミケランジェロ、当時のフィレンツェの様子に思いをはせることが出来ました。

頭がまだ1500年代にワープした状態で外に出ると、多くの観光客で一気に現実に戻りました。そしてサン・ロレンツォ聖堂の方へ向かうとふと右側に、重厚な格子が取り付けられた小さな窓が・・・そこがミケランジェロが身を隠していたあの部屋。時にこの窓の隙間から外を眺めては、通り行く人の顔や体も参考にしていたのではないか?とのガイドさんのコメントを思い出し、また妄想にふけったのでした・・・。

私が参加した特別見学は当時6月末まででチケットはすべて売り切れだったのですが、この記事を書いていると再度7月31日まで延長し、7月2日から予約受付が始まっていました。もうすべて売り切れの可能性が高いですが、下記に詳細を記しておきます。

詳細はバルジェッロ博物館の こちらのページ(イタリア語のみ)

✅ 予約開始は2024年7月2日~、こちらのオンラインサイト、または +39-055-294883 へ電話
✅ 1週間に100人まで、1回につき4人まで。月15:00、16:30、18:00),、水(9:00、10:30、12:00、13:30、15:00、 16:30、18:00)、木(9:00、10:30、12:00、13:30、15:00)、金(15:00、16:30、18:00)、土(9:00、10:30、12:00、13:30、15:00、16:30、18:00)
✅ 料金は大人29ユーロ、割引4ユーロ、18歳以下は無料(+3ユーロの予約金、メディチ家礼拝堂も含む

ギャラリー(クリックすると拡大します)

 

 

 

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. フィレンツェ老舗の食材店「プロカッチ」、トリュフパニーノで優雅な軽食を

  2. フィレンツェ北部、キアンティ・ルフィナのオーガニック・ワイナリー

  3. 人気店は、定番メニューだけでいい~超久々の「Casa del Prosciutto」

  4. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  5. 「イタリアの最も美しい村(I Borghi piu’ belli)」をめぐる連載がスタートしました!

  6. ピサ近郊・ポンテデーラ「PIAGGIO博物館」で、ヴェスパとアぺに恋をする💛

  1. キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

    2024.07.08

  2. メディチ家礼拝堂、ミケランジェロの「秘密の部屋」特別見学に参加

    2024.07.06

  3. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  4. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  5. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image