フィレンツェでも遂に!「ゴボウ」を見つけた!?

オレンジゾーンになる1日前の先週の土曜日、フィレンツェに行き、エッセルンガで買い物をしに行きました。エッセルンガはイタリア北中部で展開しているミラノ本社のチェーンスーパー。ディスカウント系を除くと、フィレンツェ周辺では「COOP」「エッセルンガ」の2強に「コーナッド」の3つのスーパーが多いです。ただし、エッセルンガは都市部だけなので、私たちはCOOP派。

旅行者でも行きやすい庶民が行く大型スーパーは

フィレンツェから公共交通機関1本!市民で賑わう大型スーパー5選

でもエッセルンガの何がすごいかって、

  1. 品揃え
  2. 製品のクオリティ
  3. 店員のレベル

です。なので、久々にエッセルンガの一番でっかい店舗に行ったら興奮して買いすぎ💦ちなみにうちのマンマはエッセルンガ勤続35年で定年退職したのですが、その社内教育の厳しさ、同時に福利厚生の良さなどを挙げていました。

750gで、1.58ユーロ(約200円)

そしてCOOPにはない数々の商品の中から、まず1番のサプライズはこれ!ゴ、ゴボウ!?イタリア語名では「Scorza Amara=苦い皮」、表面はきれいに洗われていますが、見た目、ゴボウですよね!?調べてみるとキク科、までは同じでゴボウはゴボウ族、Scorza Amaraはキクニガナ族で、チコリと同種のようです。

この日はイタリアンだったので、ネットで調べて1品作ってみました。レモン汁入りのお湯で下茹でし、ニンニク&アンチョビ&オリーブオイルで和えて食べてみましたが、これが大ヒット!特にダンナはアホほど食べてました(笑)。しかし、ちょっと魔が差して生でどんな味かな~とかじってみたら、その苦いこと!!!レモン汁で煮ることによって苦みが軽減するようです。ほかにも脂っこい肉との煮込みに、グラタン風に、と書いてあったので、次は違うレシピもやってみたい。

とはいえ、ゴボウと言えばやっぱり、のキンピラを。

この2レシピの検証で、苦みが強いにせよゴボウと同じ使い方でOKという事が分かりました。これを使い切っちゃうと、またエッセルンガに行かないと買えないのが残念だけど。

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. イタリア LUNA ROSSA がアメリカズカップ出場!

  2. イタリアの高校は5年間の専門課程~長男の進学説明会に参加してきました

  3. イタリア「プラスチック・フリー」への動き

  4. 書き続けてきて、本当に良かった

  5. 物欲ゼロだけど、「いつでも旅立ちたい」のが私です

  6. 写真はやっぱり、「縦・横」両方撮っておいた方が良い

Copyrighted Image