イタリア式・スイカの食べ方

イタリアへ来た頃は、日本と違うちょっとしたことにビックリすることがあった。そのうちの1つがスイカの食べ方。ちなみに、イタリア人はスイカをよく食べる。スイカ=ココーメロ、で、ココメライオというスイカ屋台があり、夏の夜は「ジェラート食べに散歩行くかー」の他に、「ココメライオにスイカ食べに行くかー」というパターンもあるくらい。

さて、では食べ方はどやねん?ってことですが、日本なら丸かじりかスプーン、イタリアでは同じく丸かじりか、ナイフ!

ココメライオによっては、ナイフがスイカにぶっ刺してあることがあり、最初見た時はかなりひきました(苦笑)。最初は戸惑いましたが、慣れるとナイフの方が断然食べやすい。スプーンってギザギザのならまだしも、そうでないやつってキレが悪いし、すくう最後の段階で力が入り過ぎてると、すくったスイカが飛ぶまたは滑り落ちることないですか?

イタリアの場合、ナイフで横、あるいは斜めに切り目を入れていき、あとは縦あるいは逆斜めに切って、もう一方の手で食べます。手が汚れる!と前に誰か言われましたが、丸かじりの時はもちろん、スプーンでだって支えながら食べたりするので汚れ方は同じ。

気になった方は、ぜひイタリア式でスイカ食べてみて下さい!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 連載の翻訳が11年目を迎えました~時計Begin春号発売!

  2. ローマ散策では、公共水道で水補給!

  3. 裏山へ、リース材料を探しに

  4. パーティのない11回目の誕生日

  5. 【我が家の食卓】エビラーにはたまらない、夏によくやるパスタ

  6. 次男、イオランダに丁稚奉公に行く

Copyrighted Image