旅の醍醐味は、やっぱり「人との出会い」だとつくづく思った話

有名な観光地、絶景、食事、宿・・・旅の楽しみを数えだすときりがありませんが、一番の思い出として一生心に残るのは、やっぱり人だと思うのです。宿の人やドライバーさん、そして偶然入ったお店やバールの人、道を教えてくれた通りすがりの人・・・などなど。私自身の旅の経験でも、それが一番かけがえのない思い出になっています。さて、今回のKさんご家族との旅行でも、たくさんの出会いがありました。昨日の記事で書いた、ピエンツァのアグリツーリズモのルチャ―ノの他にも、いろんな人との出会いが。

ピエンツァの城壁上で絶景に見とれていたら、自転車に乗ったオッサンが話しかけてきた。聞くと、元セリエA選手・監督経験ありで、ピエンツァに家4軒持ってて貸してる人でした。いかにもイタリアン親父という感じでどこまで真実なのかは分かりませんが、とっても楽しい時間を過ごしました~これからピエンツァに行く方はこのお顔を要チェック!私の経験上、観光客によく話かけにブラブラしているタイプだと思います。害はなく(失礼!)おしゃべりを楽しみたい方は声かけてみて下さい~ただし、イタリアでは普通のボディタッチ(肩をポンポン叩いたり、写真撮る時に肩や腰に手を回す)はしますので、そういうのが嫌な方は、自己責任でお願いします・笑。

そして、同じくピエンツァの陶器屋さん。Kお父さんが陶芸が趣味なのでお連れしたのですが、オーナー夫妻と話で盛り上がり、最後は記念撮影も~このお店も、またサイトで紹介しますね。

料理教室では、シエナの郷土パスタ・ピチを作ったのですが、Kお父さんがピチでご自分のお顔をアート。で、盛り上がるスタッフたち~写真撮ってるし!

何よりも感謝!は4日間このツアーをお付き合いしてくれたジョルジョとその息子さん(TOP写真、イケメン!)。ジョルジョは日本人のような、とても控えめで穏やかで優しい人柄なのですが、それゆえ、こんな糸杉ポーズ写真に付き合ってくれるのかな・・・と思いつつ声を掛けたら、やってくれた!やっぱりイタリア人!笑・・・そしてアテンドした私も、コラボしている人とはもちろん、偶然会ったイタリア人、そして何よりもKさんご家族との出会いに感謝の旅でした。

こんな出会いとおしゃべりで盛り上がれるのは、きっとイタリア人の人好き&ユーモアのおかげ。そして、私たちの方から声をかけたり、声をかけられたら話してみる、という姿勢も大事です(もちろん、人に寄るし、交流したかったら、の話です)。なので、イタリアを訪れることがあるならば、少し心を開いて、リラックスして、言葉が完璧でなかったとしてもコミュニケーションしてみて下さい。イタリアがもっともっと好きになる事、間違いなしですよ。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. ある土曜日の、ほっこりとする2つの出来事

  2. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

  3. フィレンツェ北部の山の中で、超!本格的!!和風ランチ

  4. 【2021年バージョン】手作りクリスマスリース

  5. ばーちゃんを懐かしんで作る、今年初めての「スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ」

  6. 書くのに行き詰まっている今めちゃくちゃ響く、16年前に聞いた新聞記者さんの話

  1. 【我が家の食卓】フェンネルとオリーブ&オレンジのオーブン焼き

    2024.04.16

  2. Pen & Sports 〖ペンスポ〗のコラムニストになりました

    2024.04.04

  3. フィレンツェ北部の「イタリアの美しい村」・パラッツォーロのアル…

    2024.03.28

  4. 終わりは新しい冒険の始まり

    2024.03.22

  5. シエナーアレッツォ間で行きやすい!美しき「愛の村」、ルチニャーノ

    2024.03.06

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image