初めて食べる野菜「Indivia Belga(ベルギーエンダイブ)」

主婦の永遠の課題は、献立。特にロックダウン開始から今まで、毎日3食家族全員で食べるので、もう何を作ろうか、毎日悩むところであります。なので、今まで使ったことのない素材にもちょっと注目してみるのですが、今回見つけたのが、こちら!おらが村の八百屋の冷蔵庫にあったもの。ジャンマルコに何これ?なんて名前?どうやって使うのー?と聞いて、買ってみました。名前は、「インディヴィア・ベルガ」、訳すとベルギーのエンダイブ。エンダイブ、っていう野菜自体初めて聞きましたが、イタリアでおなじみのラディッキオ(チコリ)の仲間で、名前の通りベルギーが原産だそうです。

生でも加熱でも食べられるそうですが、私は冬場は温野派なので、定番のオーブン焼きに。こうやって縦に切ると見栄えも良いし!

上にはパン粉・粉チーズ・刻んだローズマリー・塩を混ぜたものを乗せて、オイルをひと回し、オーブンで焼くだけ!

食べた感想は・・・うん、ラディッキオと一緒(笑)。苦みはあるけど、ラディッキオよりマイルドな感じかな~あとはラディッキオを加熱すると色味が美しくないけど、これは白なので見栄えはこちらの方が良いかも。次回は生で、葉が1枚1枚しっかりしてるので、チーズクリームなどを中に入れても良いらしく・・・これでちょっと、献立のレパートリーも増えそうです。

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. それでも春はやってくる

  2. イタリアが結束する時、そして自分の立ち位置を見直す時

  3. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=前菜

  4. 日本帰省はもうすぐ!、を実感する時

  5. 【我が家の食卓】ちょっと軽めの、ナスのパルミジャーナ

  6. 心がほっこりな、日々の小さなサプライズ

Copyrighted Image