いつもと違う、スポーツ観戦に夢中!

我が家でのスポーツ観戦と言えば・・・

  • サッカー
  • スキー
  • バレーボール

が主なのですが、今、まさにイタリアで開催中の違うスポーツ2種のスポーツ観戦に熱くなっております。

テニス=Internazionli BNL d’Italia

5月8日~16日まで、ローマで開催されている国際BNLイタリア大会(BNLは、スポンサーのイタリア労働銀行の略称)。8日~始まっていたのに、かなり出遅れて?見始めたのは16強進出をかけた12日~。というのも、特に興味がなかった私でさえも聞いたことがある、イタリアテニス界若手のホープ・シナ―と世界ランキング3位のナダルとの対戦だったのです!

世界ランキング的にはまだ32位ですが、なんとまだ19歳のシナ―君!珍しい名前と思ったら、やはりほぼオーストリア?ていうアルト・アディジェの出身です。そんな北部出身の彼なので、元々はスキーのジュニアチャンピオン、テニスを始めたのはなんと13才・・・天は二物も与えてしまうのですね。とはいえ、やはり相手はナダル、惜しくも負けたけど、見ごたえたっぷり。そして13日はイタリア人テニスプレーヤーで最高9位のベッレッティーニが登場し、5位のチチパスと互角の戦い!と思いきや・・・2ゲーム目途中から電池切れ?きっと抗議したツーバウンドが認められなくて、精神的に落ち着いてなかった感じで最後はあっさり2-6で負けちゃった・・・とはいえ、まともにテニス観戦したのは初めてだけれど、面白いです。

で・・・注目の2人が負けて、チェックを怠っていたら!世界ランク33位のイタリアン・テニスプレイヤー・ソネゴが、超格上の世界ランク4位のティームに、フルセット3時間24分の死闘の末、勝利!いやーん、見てる場合じゃななかった!次は準々決勝をかけてと。これは絶対に見逃しませんぞ=3=3=3

自転車=Giro d’Italia

イタリアはサッカーの国、と思われてますが(もちろんその通りでもありますが)、伝統的に一般人にも盛んなスポーツで、かつレースも人気があるのが自転車競技(イタリア語ではチクリズモ、と言います)。その最たるものがイタリアを横断するように5月に行われるこの「Giro d’Italia(イタリア周回)」です。1909年から行われている歴史ある競技で、賞金もかなり出るんですねー。詳しくはこちらの Wikipedia さんの解説に譲るとして・・・私は素人なのでよく分からないですが、個人が表彰されるのにも関わらず、チームで個人の誰か(あるいは一番レベルの高い人?)を支えて勝たせる、チームの中での協力が不可欠だそう。そして今年、開会式を見て初めて知ったのですが、チームは国でなくてスポンサーの会社?で、外国人選手もいるんですね。日本チームはないけれど、日本人選手も見つけました!

競技も見てて面白いですが、旅好きの私としては、レースが行われる場所も興味津々。実際、イタリア政府観光局とパートナーを組み、レースの地を観光的側面からも紹介してくれるのです!

そしてこのレースが開催される地域の人は、観光プロモーションになるだけでなく、とってもいいことが・・・それは、道路が突然整備されること!2007年だったかな?実はおらが村にもこのジーロがやってきたのですが・・・あれだけ長年放置されていたでこぼこの県道が、ジーロの2週間前に1,2日できれいに舗装されていた!!ということで、おらが村の沿道では

Grazie del Giro d’Italia, ci avete regalato la strada nuova!
ジーロ・ディ・イタリア、私たちに新しい道を与えてくれてありがとう!

という横断幕が掲げられたのでした・・・(TVにもばっちし映ってました!!)

レースはまだ始まったばかりで、5月30日の最終21レースまで2週間!イタリア人選手の活躍が目立つレースですが、ここ3年は外国人選手の優勝ばかり。今年こそ、ピンクジャージ(優勝者に送られるジャージ)のイタリア人を見たいものです。

【トスカーナより生中継のライブ&トスカーナ好きコミュティ】

「トスカーナ自由自在チャンネル★小さな村・生産者・職人・料理を現地から発信」

上記リンクより、詳細とお申し込みをお願いしますm(__)m

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 最後の晩餐ならぬ、イタリア最後の「朝ごはん」

  2. イタリアは、喜劇か悲劇か。真面目さは、ない。

  3. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

  4. 本家イタリアのヴァレンタイン・デーの現実は?

  5. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

  6. 自家製キュウリを自家製味噌で食べる、極上の幸せ

Copyrighted Image