イタリアでは「おうち注射」は当たり前

イタリアと日本の医療の違いはいろいろありますが、ぶったまげたのがこちら、「おうち注射」!!イタリアでは基本、住んでる地区の担当医にまず診察に行き、そこでもらう処方箋を持って薬を購入します。その薬の中に・・・注射器を使うものが、普通にあるんです。私はダンナに初めて「注射して」と言われた時、全く意味が分かりませんでした💦注射器は、COOPとか普通のスーパーでも買えるほど身近なもの。処方された液体の薬を注射器に入れ、(私がやったことあるのは)お尻に注射します。

口で言うと簡単そうですが、マジ緊張します。最初トライした時は、ダンナもあまりに私が下手で痛かったんで、フィレンツェに住んでた頃だったので、その後はマンマの所でしてもらってました。おらが村に越してからは、近所に住む保健所勤めのおばさんにお願いしたことあるものの一生誰かにやってもらうのもアカンやろ、と再度トライしてからは何とか及第点に。とはいえ、やっぱりまだまだ慣れません・・・あとは、家で注射する必要がないように、健康に気をつけるしかないですね(苦笑)。 

関連記事

  1. ナス、カットチコリ、二十日大根が増えました・・・2020年夏畑日記(4)

  2. 関西の美しきマンホールたち・その2

  3. ロックダウン第二段階がスタートしたので、近所で野の花を摘んできた

  4. 【海外在住ハーフの日本学校生活】次男小学校開始&長男中学校制服試着へ

  5. ベストセラー小説の映画、「WONDER」を観てきました!

  6. 50歳以上のイタリア人の、日本語ボキャブラリーの貧しさよ(笑)

Copyrighted Image