思い立ったらすぐに行動!が正しい理由

それはチャンスを逃さないため
チャンスはいつ巡ってくるか分からないから

春分の日前後、トスカーナは極寒&雪が降りましたが、それからFBに流れてきまくってたのが、アミアータ山の雪景色。今年は正月明けに1回行ったけど消化不良だったスキー、2月の週末にもう1度行こうとしたけれど、雨で中止・・・今シーズンはもうないなーと思っていたのですが・・・まず、普段の日本語学校が日本のカレンダーに準じて春休みに。次男のサッカーの試合もない。雪は2m以上。天気は良い&気温は低い。こんな条件が整ってるのに、これは、行くしかない!!と言う訳で、次男のサッカー試合がないと分かった木曜晩に宿を予約して1泊2日スキーに行ってきました。だってこれを逃したら、スキーは来年までお預けだもんね。

ふもとのアッバディアの宿か迷ったけど、今回はとにかくスキーを楽しむと決めて、ゲレンデ内のホテルを予約。写真左が私たちが泊まったホテル、出たらそのままゲレンデ!頂上近くのホテルですが、宿の横にスキーパス売り場、前のホテルでレンタルスキー、前のホテル横にリフトの乗り場もあり、まさにスキーだけを楽しむには絶好のロケーションです。そして快晴なのに雪はしまってて、もう最高のコンディション!!

1月に壊れてたリフトももちろん稼働しており、1日目は10時半~16時半のリフト最終まで、2日目もリスト開始直後の9時から午前券をフルに使って13時まで。休憩は1日目のランチ以外なし!という「合宿か!」とツッコみたくなるほどの滑りよう(笑)。

はっきり言ってコースの数も少ないし、2人乗りリフトが2本だけ(あとは3本?T字バー)だし、上級者コースでも子供がボーゲンで滑れるほどちょろいのだけど、1泊2日で子連れで楽しむにはもってこいのスキー場。ゲレンデの幅も広くないのですが、その分、森の中を抜ける感じで、すごく癒されるのです。聞こえるのはシュプールをきる雪の音だったり、枝のゆれる音だったり・・・なんか元競技スキーヤーの私よりもダンナがハマってしまったのも、この自然に囲まれて滑るという「快感」を味わってしまったから。

木々に差し込む光も、それでつくられる雪面の影も、全てが美しい・・・

今回失敗した!と思ったのは、ソリを持ってこなかったこと!ここでソリ、ではなく、ホテルの立地を生かしてリフト終了後にゲレンデを上って滑ろうと思っていたのに・・・ま、フルで滑って、少なくとも私とダンナはそんな体力残ってませんでしたが💦

人が滑ってるのを見るだけでも気持ちよい!

そして眼下に広がるのは、世界遺産・オルチャ渓谷の絶景という、ある意味すんごいスキー場?

山に来たら、やっぱりポレンタ!は、1日目・2日目のランチで2回も食べちゃいました。このポレンタとソースの間にチーズをはさむ技、家でも来シーズン真似してみよう!

思い立ってから30時間後に出発し、大満喫した2日間!これで今シーズンのスキーは悔いなし!です。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

  2. 自分の味噌で作る、極上!味噌煮込みうどん

  3. 次男、イオランダに丁稚奉公に行く

  4. 隣の州なのに違う、エミリア・ロマーニャ州とトスカーナ州の風景

  5. それは私のエゴなのか・・・

  6. 【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

  1. トスカーナ、「チンクエチェント」のある風景

    2020.02.28

  2. 料理のレパートリーを増やす、もう1つの方法

    2020.02.27

  3. コロナウィルスで動けない時だからこそ!イタリアとオンライン&代…

    2020.02.26

  4. フィレンツェから「電車・バスで1本」で簡単に行ける、「初めての小…

    2020.02.25

  5. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい…

    2020.02.24

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image