Forza Alex! がんばれ、アレックス!

アレックス・ザナルディ、という人物をご存じでしょうか?元F1ドライバー、2001年にカートレース中に事故にあい、両足切断と死の危機に瀕しながら生還。それでもモータースポーツへの情熱は尽きずにドライバーとして復帰し、2009年に引退するものの、今度はパラリンピックの選手として昨年まで数々の世界大会で優勝してきた「不屈の男」。ただのスポーツ選手というだけでなく、強さの象徴、そして人生の教訓を与え続ける人物として、世界中から尊敬されている男。そんな彼の半生を6分にまとめた動画がこちら。

そんな波乱万丈の彼の人生に、まだまだ試練が襲いかかります。

6月19日、ハンドサイクルレース中にピエンツァ近郊の国道146号線でトラックと衝突する事故・・・シエナの病院に救急搬送され、頭・顔の手術後、1週間たった今も薬による昏睡状態・・・・・・特にファンとかそういう訳ではありませんが、彼のこの壮絶な人生、いや、少なくともメディアに登場する温和な笑顔からは想像できない彼の生きざまに、少ながらずも影響を受けていた私も、ショックでショックで・・・重篤な状態ながらも安定した状態のため、この2日は医師の公式会見も中止でこれからの事は公表されていませんが、ニュースによると来週には昏睡から覚醒させる措置が取られるとか・・・

 

この投稿をInstagramで見る

 

Io questa mano non la lascio. Dai papà, anche oggi un piccolo passo avanti ❤❤

Niccolò Zanardi(@niccolo_zanardi)がシェアした投稿 –

これは6月24日、息子さんがインスタグラムに投稿した写真+「僕はこの手を離さない、がんばれ親父💛💛今日も前に小さな一歩」。涙腺崩壊です。

そして、とても印象に残っている彼の言葉

また僕の身に雷が落ちたとしても、危険を避けるために家にいるのは、生きることを止めるのと同じことだ。だからそんなのはお断りだ。僕は僕の人生を生きるのだ

54才のアレックス・・・今、こんな形で逝くには早すぎる。まだまだ、生きて欲しい。彼の人生を生き抜いてほしい。「新しい伝説」を作るための事故だったと、いつか笑えって言えるように・・・本当に、祈るような気持ちです。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 「自分のためだけ」の時間が必要な理由

  2. イタリアのティッシュを使い慣れると、もう日本のには戻れない

  3. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

  4. 日本帰省はもうすぐ!、を実感する時

  5. 天然酵母に笑いを求めてはいけません

  6. 歴史にハマった高校時代から約30年!由縁の地を訪ねるギリシャ旅

  1. 「ヴァティカン庭園ツアー」で、寺院と博物館でないヴァティカンに…

    2020.07.16

  2. 誕生日の夕べ~夜のフィレンツェは涙が出るくらい美しかった

    2020.07.15

  3. 【我が家の食卓】タコ丸ごと1匹、どう料理する?

    2020.07.14

  4. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

    2020.07.13

  5. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image