トスカーナの小さな村で日本文化を伝える!~お客様の書のワークショップ@おらが村

昨晩は、おらが村の休暇の家が日本の空気に包まれました・・・それは「L’Arte Giapponese della Calligirafia」という書のワークショップ!トスカーナ自由自在のリピーターのお客様であるYUKOさんは、日本でも個展に作品を出したり、外国人にワークショップを行う書の先生。今回おらが村滞在の際にもぜひ、とおっしゃっていただき、それに休暇の家のカテリーナが答える形で、今回のイベントとなりました。参加者はカテリーナ、料理レッスンを行うダニエーラと息子さんのガブリエッレ(日本大好き、漫画大好き)、隣町に住む女性とその娘さんの総勢5人!経験豊富なYUKOさんは、下に敷くビニールシート、携帯用すずりに筆など、フル装備で準備して下さいました。

緊張する生徒たちに(笑)、まずは筆の持ち方から。

そしてまずは筆に慣れてもらうため、横、縦の直線、渦巻き、はらい、はねなどを練習。ここで筆にかける力の強弱を体感してもらいます。

そして次は、先生の用意した漢字から、生徒さんが好きな1文字を選び、練習します。ガブリは月。最初は大き目の紙で、先生と一緒に書いてみます。その後は、練習、練習、練習!最後の紙に書くまでに、少しづつ紙を小さくして、プレッシャーをなくしていく、という配慮も素晴らしい!

大人も子供も・・・いや、大人も「学生時代に帰ったみたい!」とワクワク、ドキドキしながら一筆一筆・・・その様子がまた楽しい!それぞれの漢字の意味や、何気なく持ってきた日本語の新聞で漢字の成り立ち、そして書の美しさに興味を持ったカテリーナ、最後にすごい提案をしてきました・・・「壁に何か書いてくれる?」これには、私も先生もびっくり!紙ではなくて壁!壁に直接だから、当然書き直しもできないし、一生残るものですからね。

いろいろ話して決めた漢字は「和」。調和の和、平和の和、そして日本も表す和。もちろん、先生のサインと日付入りです。

9時開始で1時間の予定のワークショップ、終わってみたら11時!あっという間の2時間は、楽しくそして異文化に触れる貴重な時間となりました。ほぼ毎年フィレンツェを訪れるYUKOさん、「いつまで滞在してるの?」「来年もここ来るんでしょ?」次回のオファーに、じゃあその時まで練習しててくださいね!と逆にプレッシャー(笑)。ただの旅行では味わえない、現地の人との交流。しかも文化的な交流がおらが村で開催できたことを、心から嬉しく思います!素晴らしい機会をお申し出くださったYUKOさん、受け入れてイベントをたててくれたカテリーナ、参加してくれた皆さんに感謝です~YUKOさん、来年もお待ちしております!

ギャラリー(クリックすると拡大します)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリアの町づくりは、とにかく残す、不便でも残す、受け継いでいく。

  2. ハーフの息子たちに日本人DNAを感じること

  3. トスカーナ限定の呼び名の果物:ココーメロ、ポポーネって一体なんだ!?

  4. 【レポート】第三回・トスカーナ料理ディナーとトスカーナを語る会

  5. 天然酵母パン第二章~1年ぶりの再会は、「自家製ブドウ酵母」で!

  6. 「ピッツェリア」って何か分かりますか?

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィ…

    2020.01.26

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo degli Albizi アルビツィ通り

    2020.01.25

  3. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニ…

    2020.01.24

  4. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何で…

    2020.01.23

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトの…

    2020.01.22

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image