わが姑は神である

タイトル、そのまんまですが(笑)。細かいことはあるにせよ、わが姑は神です。気づかいや社交辞令的なことが苦手なある意味日本人らしからぬ嫁(っても彼女が初めて知る日本人が私だから気づいてないと思うけど)を持ち、結婚の時にうちの両親に「クミコはうちの娘ですから、心配しないでね」と言ってくれたのをいいことに、娘でもそこまで頼むか?いや、イタリア人娘なら絶対やるけど(日本人ならやらないかも)、私が仕事で家に来てもらったのをいいことに、様々な家事までやってもらっている。

私の嫌いな家事NO.1のアイロン・・・前に「アイロン嫌いなのよね~」というダメ嫁に「あら、私が来る時は置いておいてよいよ、子供たち学校行ったら私ヒマだから」と言われたのをいいことに、「あ、マンマ来るからおいておこう!」とわざわざためておく。仕事から帰って来たら、ベッドやハンガーにアイロンかけたものがビシーッと並んでいる。そして昨日の仕事は帰りも遅かったので外食にしようと思ってたのだけど、「何か作っておこうか?」と言われたのをいいことに、晩御飯まで作り置きしてくれていた・・・これで疲れて帰ってきても温めるだけ!おちろん、長男の昼ご飯も丸投げ、そして食洗庫の食器も、朝からの食器も全て洗ってある。さらに先週末に行っていたばーちゃん村から、森で拾った栗(TOP写真)、しかもマッロ―ネ!!をクソ重いのにわざわざ持って帰ってきてくれていた・・・これを神と言わず、何と言えば良いのか?・・・そして私をダメ嫁と言わず、何と言えばいいのか?・・・いや、「娘」だからOK!ということにしておこう。いつもありがとう、マンマ💛

ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. やるべきことを忘れずに、その日にやってしまえる方法

  2. 91才の私のおばあちゃんが、こんなに元気な理由

  3. 9月第2週、イタリアがワラワラと動き出す

  4. 庭のオリーブをどう食べる?簡単&美味しい「オリーブの塩水漬け」

  5. 12月は、絶賛「書く月」!~その理由は?

  6. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

Copyrighted Image