サマータイムが早く終わって欲しい!と思う理由

どんどん日が短くなって、10月最後の土曜日の夜中(厳密には日曜日のAM2時)にサマータイムが終わり、その日から更に日没が早い・・・ああ、冬がやってきた~いやーん!というのが一般的な感覚ですが、サマータイムよ、もう終わってくれてもいいよ・・・と思うことがあります。それは・・・

朝が暗い!!!

から。これにつきます(笑)。TOPの写真はサマータイムが開ける前の朝の7時すぎ。ご覧のように真っ暗・・・なんか、目覚ましで起きてもまだ夜中ちゃうか?と錯覚しちゃうし、なんか朝だーって感じがないんですよね。

一方こちらがサマータイムが終わった日の朝7時すぎの写真。そりゃこないだまでの8時過ぎだもん。霧だらけですけど、さすがに明るい!イェイ!!・・・しかし、可愛そうなのはダンナ。朝は6時30分に家を出て、夕方は17時に帰ってくる。今でこそ朝は薄明るく、夕方もまだ真っ暗でないけれど、これが日に日に、朝も晩も真っ暗に(苦笑)。しかし、サマータイムが終わったとはいえ、まだまだ暑いトスカーナで冬どころか、秋っぽくもありません。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フレッチャに乗って・・・9か月ぶりにローマに来ています

  2. ラップをできるだけ使わない、3つの方法

  3. 初収穫はズッキーニの花・・・2020年夏畑日記(3)

  4. 料理のレパートリーを増やす、もう1つの方法

  5. 英単語をイタリア語読みすると、全く別の単語になってしまう話

  6. 超ワイルドな、毛付きの生ハム

  1. 【我が家の食卓】揚げナスが決め手!ブッラータチーズクリームパスタ

    2020.07.05

  2. 「アンタ」になったら、盛大にお祝い!

    2020.07.04

  3. 標高1000m!「ヴァッロンブローザ」はフィレンツェ人の避暑地

    2020.07.03

  4. イタリア人は「永遠の少年少女」である

    2020.07.02

  5. 【我が家の食卓】フライだけじゃない、「ズッキーニの花」のもう1…

    2020.07.01

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image