「オリーブオイルとトスカーナ人」を肌で知る~おらが村のオリーブオイル搾油所見学

オリーブオイルとイタリア、特にトスカーナ、とりわけトスカーナの田舎生活とは切っても切れない関係にあります。「イタリア人にとってオリーブオイルとはどんなものですか?」とよく聞かれることがあるんですが、まずは「醤油のない和食のようなものでしょうか?ないと日々の料理が成り立ちません」と答えます。イタリアと言っても広く、北部はオリーブも生育できず以南よりは食にオリーブオイルを使わないですが、トスカーナ人は「オリーブオイル狂」と言っても過言でないくらい、オリーブオイルがないことはあり得ません。そして、田舎では、多くの家庭でオリーブオイルは「お店で買うもの」でなく「自分たちで作るもの」、あるいは友人やお気に入りの農家から直接買うもの、なのです。

おらが村のオリーブオイルの搾油所は、メーカーの自社専用の搾油施設でなく、こんなトスカーナ地元民が自身の畑で育て、収穫したオリーブを搾油してもらいにやってくる所。オーナーのニコーラのスケジュール帳には、●●さんの搾油が10時~、などとぎっちりと予定が入っています。オリーブの量によって搾油にかかる時間が変わるので、おおよその量を聞き、予約を入れていく・・・そうして、オリーブを運び、搾油して、TOP写真のおじいちゃんのように今年のマイ・オリーブオイルが出てくるのを見守る・・・ただオリーブオイルの生産工程を見たり、新オイルを味わうだけでなく、こういった「トスカーナ人の生活」を感じて頂けるのが、この搾油所の醍醐味だなぁ~と改めて思いました。そして、オッサン同士が(笑)「おまえんとこ何キロ?」「今年はハエが多かったよねぇ」「雨がやんだ水曜日に友人よんで一気に収穫したんだよー」など、今年のオリーブ、オリーブオイルのあれこれや、井戸端会議の様子も見られたり、時には参加したり!オリーブを入れているこのおじさんと奥さんは「あんた、日本でも有名人になるかもよ!」とたくさん写真を撮らせてくれました。

そして先日、グループのお客さんと訪問した時のこと・・・写真の真ん中に写っているおじさんが、私たちに「ねぇ、ちょっと話していい?」と言ってきたのです。

「ここのオーナーさんとうちのお父さんが友達だったこともあって、僕が小さい頃、搾油シーズンになるといつも、学校帰りにここに寄っていたんだ。そこの入り口にパンが置いてあってね、ストーブで焼いてね、それで容器に入れてある搾りたてのオイルにパンつけてね~、美味しい美味しいっておやつにしてたんだよ。今でも懐かしい思い出なんだなぁ~・・・あ、それだけ、言いたかっただけ!へへへ💛」おじさんが語る思い出が素敵すぎて、そしてそんなシーンを想像して何だかジ―――――ン・・・きっと、日本人の私たちにオリーブオイルや搾油所がいかにトスカーナ人の生活と結びついているか、教えたかったのでしょう・・・いやいや、そんな大層なことはなく、ただただ自分の古き良き思い出を語りたかっただけかもしれないけど(笑)。そんな一期一会の出会いができるのも、田舎ならではの体験です。

今年は搾油所の機器入れ替えや、オリーブ不作、収穫期の雨など、マイナス要素たくさんの年になってしまいましたが、11月いっぱいは月水金、基本的に搾油を行っています。フィレンツェから1時間で来られるので、フィレンツェ滞在中の方は、ぜひトスカーナの田舎生活と秋の風物詩、そしてオッサンの中でオリーブに触れて、出来立てのオイルを味わいに来てくださいね。

基本情報

【見学期間・料金】
オリーブの収穫時期以降になりますので、 一般的に10月末~12月頭くらい まで(搾油所が稼動しているか確認が必要 )。搾油所の予約状況にもよりますが、月~土はフル稼働、日曜は休み。2019年は基本的に月水金だけになっています。

通訳付き見学 は、お1人40ユーロ 、お2人の場合は 1人30ユーロ。

【行き方】
フィレンツェ駅から直通電車で約50分 (Borgo S.Lorenzo 行き・Pontassieve 経由)、 Contea-Londa 下車。最寄り駅からは3キロありますが、月~土は駅~ロンダまで市バスがあります(基本的に電車の時間と連携していますが、ない便もあります)。また月~金に朝にフィレンツェ発&夕方にロンダ発の直通バス(木曜除く)があり、フィレンツェ駅前 バスターミナルより直通バスで約1時間20分、 Londa 下車。電車についてはこちらをご覧ください。バスはレプッブリカ広場に着き、ここで私がお待ちしています。バスの時刻表は こちら 。バスについてはこちらをご覧ください。日曜日と祝日は、フィレンツェからの直通バス&最寄り駅からのバスがありませんが、こちら に宿泊いただければ、チェックイン&アウト時、最寄り駅の送迎付きになります。

フィレンツェ駅・フィレンツェ空港、その他の場所からの車送迎(有料)は こちら をご覧ください。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. ある土曜日の、ほっこりとする2つの出来事

  2. バッボに突きつける、長男の初めての「NO」

  3. 【我が家の食卓】ゴルゴンゾーラのオルゾット&トマトソースのリゾット

  4. 【我が家の食卓】家族代々伝わる、鶏肉煮込みのワンプレート

  5. フィレンツェ北部のバール「GARDEN CAFFE’」、ここのバーガーセットを食べたら他のは食べられない

  6. 「トスカーナのペコリーノチーズ」の3つの食べ方

  1. 捨て子養育院の最上階「Caffè del Verone」、フィレンツェの絶景を…

    2020.02.19

  2. コロナウィルスと人種差別~フィレンツェとおらが村の場合

    2020.02.18

  3. フィレンツェの丘の上「フィエーゾレ」へ、市バスに揺られて行って…

    2020.02.17

  4. アカデミア美術館至近「Ara’ : e’ Sicilia」、フィレン…

    2020.02.16

  5. レバー好きにはたまらない、こってりがっつり「フェガテッリ」

    2020.02.15

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image