フィレンツェ北部ロンダで「オリーブオイル搾油所見学&テイスティング」

フィレンツェから電車で50分、私が住むロンダという小さな村では、オリーブオイルの搾油所が見学できます。搾油所経営自体がオリーブオイルの農家なのですが、11月にもなると、近郊のオリーブ農家や、トスカーナの田舎ではめずらしくない自宅用のオリーブを搾油する地元民で賑わんですよ。ここは家族代々引き継いてきた搾油所で、昨年までは伝統の石臼で挽いていましたが、石臼挽きの搾油所がほとんどないこともあり、長年使用して摩耗した石の交換ができず、今年からは新機器を導入しました。とはいえ、潰して絞る作業は機械の中で行われますが、オリーブを運ぶトラックから投入、洗浄と、オリーブと水を分離、オリーブオイルの抽出までは昨年までと同じで、全て見えるようになっています。

大豊作の2018年と打って変わり、2019年は5月の長雨から一気に真夏になったため、オリーブは不作。そして収穫の11月も雨続き・・・それでも、オリーブ農家はもちろん、自家製でオリーブオイルを賄っている家庭ににとっては死活問題なので、雨が止んだ時間になんとか収穫し、こうして搾油所にもってきています。

こうして、今まで石臼がゴロゴロとオリーブをつぶし、圧搾機でじゅわーっと絞っていた場所にはこんな機器が並んでいます。石臼の風情はなくなってしまいましたが、昔を懐かしむかのように作業場には昨年までの写真や

昨年まで現役で頑張っていた石臼と、圧搾機が展示してあります。今まで、ありがとう!そして圧搾機の隙間から見えているおじさんは、自分のオイルができるのを待っています・・・

終盤だったようであまり量はありませんが、Oro verde(黄金の緑)と呼ばれるトスカーナならではの色合い、そしてピリッと辛いオリーブオイルが誕生します。

オリーブの実を運んでくるところからオリーブオイルができるまでの説明を聞き、搾油所のオリーブオイルをテイスティング。もちろん、今年の新オイルもご購入頂けます!

※2019年は前述のように不作の為、現在、月水金しか稼働していません。

見学ご希望の方は、まずお問合せ下さいませ。搾油所見学だけでもよし、+休暇の家での宿泊ンマの料理レッスンもあわせて、おらが村の秋を満喫して下さいね。

基本情報

【見学期間・料金】
オリーブの収穫時期以降になりますので、 一般的に10月末~12月頭くらい まで(搾油所が稼動しているか確認が必要 )。搾油所の予約状況にもよりますが、月~土はフル稼働、日曜は休み。

通訳付き見学 は、お1人40ユーロ 、お2人の場合は 1人30ユーロ。

【行き方】
フィレンツェ駅から直通電車で約50分 (Borgo S.Lorenzo 行き・Pontassieve 経由)、 Contea-Londa 下車。最寄り駅からは3キロありますが、月~土は駅~ロンダまで市バスがあります(基本的に電車の時間と連携していますが、ない便もあります)。また月~金に朝にフィレンツェ発&夕方にロンダ発の直通バス(木曜除く)があり、フィレンツェ駅前 バスターミナルより直通バスで約1時間 20分、 Londa 下車。電車についてはこちらをご覧ください。バスはレプッブリカ広場に着き、ここで私がお待ちしています。バスの時刻表は こちら 。バスについてはこちらをご覧ください。日曜日と祝日は、フィレンツェからの直通バス&最寄り駅からのバスがありませんが、こちら に宿泊いただければ、チェックイン&アウト時、最寄り駅の送迎付きになります。

フィレンツェ駅・フィレンツェ空港、その他の場所からの車送迎(有料)は こちら をご覧ください。

お問合せ&お申し込みは、こちら

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【トスカーナ自由自在チャンネル】2021年5月のライブ予定(日程きまりました!)

  2. 2020年はしみじみと、おらが村のクリスマスイルミネーション

  3. フィレンツェ・ストロッツィ宮殿に巨大スライダー出現!

  4. 【2020年夏は川遊び】自然の芸術!ロッビ川の「叫びの洞窟」

  5. 2020年夏・トスカーナの風景~その1・おらが村ゾーンのひまわり畑と藁ロール

  6. 見応えたっぷり!スカルペリーアのヴィカーリ宮殿&ナイフ博物館

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  4. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  5. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

Copyrighted Image