【我が家の食卓】ピッツァにちょっとだけ飽きたら、「パンツェロッティ」

長い家ごもりで料理しかしてないような毎日ですので、なんだか料理ネタが多いですが・・・どうかお許しをーーーー!いや、皆さんも、特に家庭のお母さんはきっとそうですよね?皆さんの日々の「今日のご飯なにしよう💦」の役に立てば、幸いです。

さて!毎週金曜日はピッツァの我が家ですが、なんかそれも飽きてきたような・・・て時にインスタの投稿で見た、パンツェロッティ。カルツォーニ、という中に具が入ったピッツァがありますが、このミニ版&揚げたものを指します。パンツェロッティってミラノで有名なお店がありますが、元々はやはり南イタリアの料理。とはいえ、今は全国どこでも食べられるかな?具だって好きなもの何でも入れられるので、具をあれこれ替えるのも面白いです。

生地はいつものピッツァの生地で。ただ大きさと閉じ方が分からなかったので、そこは調べて。80gの生地を直径20cmに伸ばします。具は定番のトマトソース&モッツァレッラチーズ(TOP写真)、サルシッチャ(腸詰ソーセージ)ほぐしたやつ&モッツァレッラチーズ。ほんとは2個づつでええやろ、と思ってたのに男子陣がうるさいので1人3個づつに変更したら、具が足りなくなったので大人用にスペック(トレンティーノ・アルトアディジェ州の燻製生ハム)&ゴルゴンゾーラを追加。

揚げてる時に具が出ないように閉じるのは慎重に・・・少しずらして端を指で押し、更にずらした分を折り返してフォークで押しつけます。・・・なんかデカい餃子みたいやな💦

生地がもう少し膨らんでほしかったけど、まぁまぁの出来!?上の写真は「サルシッチャ(腸詰ソーセージ)ほぐしたやつ&モッツァレッラチーズ」です。改善点は、もっと具沢山にすること、具が入る生地の中心は厚く、閉じる端っこは生地を薄くすること。でないと今回のように3つも食べると生地でおなかがはちきれてしまいます(ビールも飲んだしね)。あとは油をもっと深めにしないと、鍋の底にくっついてそこだけ焦げたりするので、それもケチらずに!

家族からも評判良かったので、上記改善点に注意してまたやりたいと思います。具はなんでもいいので、日本の方もぜひパンツェロッティを!子供は大喜び、大人はビールがすすみます(笑)。

関連記事

  1. 天然酵母を初めてパン以外に使ってみた

  2. 写真をPDFに変換する方法

  3. 心がほっこりな、日々の小さなサプライズ

  4. おっかなびっくり長男の面談

  5. さよなら Divano、14年間の思い出をありがとう

  6. 「Il personaggio 2020 di intoscana(2020年のトスカーナ人)」は誰?

Copyrighted Image