イタリア版ハチ公?忠犬フィードの物語

日本でも、そしてアメリカで映画化され、世界的にも有名になった「忠犬ハチ公」。それが、なんとイタリアにも存在しました!しかも、こんな身近に・・・先日ボルゴ・サン・ロレンツォでジョットの作品を見に行く途中、市役所のあるダンテ広場を通りました。何回も通ってるのに、今回は「ん?」と気づいた犬の像。そう、これがイタリア版忠犬ハチ公の「フィ―ド」。

物語は、

1941年、イタリアで第二次世界大戦が始まった同年、1月にルーコ(ボルゴ・サン・ロレンツォの分離集落)の工員、カルロ・ソリアーニは藪の中でけがをした犬を見つけた。連れて帰って世話しようと決め、それから犬は「フィード(イタリア語で(私は)信頼する、の意味)」と名付けられました。朝5時半にカルロを起こすだけでなく、仕事に行くバス停まで見送り、そしてバス停で帰りを待っていました。1943年にボルゴ・サン・ロレンツォが爆撃され、カルロはそこで亡くなりましたが、フィードは変わらず飼い主の帰りを待ち続けていました。それから来る日も来る日も14年間、帰らぬ飼い主を待ち続け、1958年の6月8日、フィードも天国に召されました。今はカルロの墓地の横に眠っています。

フィードが何犬かは書いてませんでしたが、像を見る限り雑種かな?共に暮らしたのはたった2年間なのに、その後14年も待ち続けるという・・・きっととてつもなく幸せな2年間だったのでしょう。過去に16才まで生きた愛犬をなくした私は、おそらく同じ年で亡くなったフィードに愛着を持ってしまったのでした・・・

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. ばーちゃんのいない、ばーちゃんの家

  2. 心がほっこりな、日々の小さなサプライズ

  3. トスカーナの「糸杉絶景ポイント」を巡る旅、より楽しくする方法は?

  4. サイトをリニューアルオープンしました!

  5. サイトへのアクセスが一気に伸びる時の理由

  6. 岡本太郎ワールド炸裂!大阪・万博公園「太陽の塔」内部見学

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  4. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

Copyrighted Image