栗ご飯と豚汁の極上ランチ

先日マンマからもらったアミアータの栗・・・焼き栗ばかりでは飽きてしまうので、何か他にできないかな・・・毎年秋、やろうかな?どーしようかな?と思っていた栗ご飯に、遂に挑戦することなりました。すっごい難しそうと信じてたから「挑戦」かと思いきや、調べてみると結構簡単。和食レシピの参考は、いつもの「白ごはん.com」。そして偶然こんなリンクも見つけてしまい・・・「クイック豚汁」具だくさん汁ものレシピ/角田真秀さん

う、うまーい💛

すると和食好きの長男がうらやましそうに・・・というのも、栗ごはん1膳だけ残ったのを私が食べるために作ったのもあり、これは私だけで他の家族はパスタ。長男は欲しがるかなーと思いつつ、随分前から味噌汁を飲まなくなって残されてもムカつくので(貴重な和食材は一切無駄にしたくない!!)2人分作らなかったのです。味見だけさせてあげたらめちゃくちゃ気に入ったので、次回は偏食家の次男以外で豚汁ごはんにしよう!今回は昨年の友人作の合わせ味噌だけど、次回はこの冬自分で仕込んだ味噌で!ああ、これでロックダウンになっても生きていけそう(和食材買いだめしとかな)笑。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 「誕生日会歴12年」で、年々とぎすまされた勘!

  2. 2020年、家ごもりクリスマスランチの記録

  3. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

  4. イタリアの中学・高校、教科書購入のてんやわんや

  5. 自信が100%ない時&他者目線が欲しい時は、文章添削サービスを使ってみよう

  6. 美術館に入らずとも美術鑑賞ができてしまう、それがフィレンツェ。

Copyrighted Image