アミアータ山の焼き栗を食す

例年なら秋はばーちゃん村の「きのこと栗の祭り」に行くはずが、今年は祭り自体も中止になり、また長男は高校があるので、行くことができず。アミアータ山はトスカーナでも有数の栗の産地で、ばーちゃん家の前にも大きな栗の木があり、拾い放題・食べ放題!行った年は何袋も持って帰って、近所や友人に配るほどだったのに・・・わが家族は特に栗好きではないにせよ、やっぱり寂しいなぁ~・・・と思っていたところ、日曜の昼に、マンマから電話があり

「栗、見た?」

毎週土曜、高校が終わったら彼女の家でランチして帰ってくる長男に、その数日前に行ったばーちゃん家で拾った栗を託してくれたそうなのですが・・・そんなん聞いてないぞ!子供部屋に行き、無造作に置かれたリュックの上から荷物を出し、一番底にあったスーパーの袋に、ありました、ありました。この栗、マンマから電話がなかったら月曜そのまま高校に持っていってたんやろうな(笑)。マンマにお礼を言って、さっそく一部を焼き栗にしましたよ。

こちらではフライパンに穴が開いた、焼き栗専用の「栗パン」があるのですが、我が家はオーブンで。数年前からやっている方法だと、しっかり火が通り、そして皮も剥きやすいので、素早く美味しく食べられます。

しまった!赤ワインがなかった!(笑)

基本私しか食べないので、残った30粒はどうやって食べよう!?毎日焼き栗のおやつにするか、栗ご飯に挑戦するか?悩ましい問題です。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

 

関連記事

  1. プロフィール写真撮影は、自分への癒し♥非日常の時間!

  2. お得?それとも損?~最近多い、「共通券」の良し悪し

  3. 夏の夜は、オープンスペースで「アぺリチェーナ」

  4. ヨーロッパいち大きなサボテン

  5. 2019年秋、ルネサンスの巨匠2人の映画が見逃せない!

  6. 英単語をイタリア語読みすると、全く別の単語になってしまう話

Copyrighted Image