自分で自分に「企画書」を出してみる

今年の抱負?で書きましたが、私はついつい、思いついたらもう行動してしまってるタイプ。長所でもありますが、短所でもある:ちゃんと考えの整理がついていなかったり、やりながら時に痛い目にもあったり、かなりサバイバルな時も。自分が痛い目に合うだけならいいんですが(マゾか!!)、人を巻き込んでやること、仕事になることではそれはないですが、自分で新しいことを始めるときも、場合によってはしっかり計画を立てないといけないわけで。ただ調べて考えて、だけではまた見切り発車しそうなので、企画書までとはいかずともワードにまとめています。これって勉強とかにも通じるものですが、書く事によって考えもまとまるし、いろんなことを忘れないし、それによって疑問や細かい課題も見えてきます。誰に見せるわけでもなくとも、メモでなく、ちゃんと書いてみる!ってすごく大事だな~と改めて思いました。前に進めるために、チェックリストやスケジュールも追加すると、自分自身にムチ打つこともできます(やっぱりマゾか)

残念ながら、コロナもまだまだ収束しそうにない。日本の方に来ていただける日はまだまだ遠い。私もライターやリサーチなどで細々と仕事をしていますが、やっぱり、リアルというか、人と触れ合うというか、そういう仕事が好きなんですね。もちろん日本からは来られないので全くのリアルではないのですが、オンラインで何かやりたいと思っています。有料になりますが、その分しっかりと計画を立てて、イタリアの組織や人も巻き込んで。私はガイドではないので、いわゆる「オンライン観光ツアー」ではなく、トスカーナ自由自在の原点にしっかりと足をつけたコンテンツにしたい・・・近々ご紹介できると思いますので、気になる方は楽しみにしていてください!

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. ギリシャ・ロードス島・リンドス、ロバに揺られてアクロポリスへ行く!

  2. イタリアン姑と上手に付き合う方法(私の場合)。

  3. 斜塔だけじゃもったいない!ピサのドゥオモで入って欲しい施設3つ

  4. 2度目のオリーブの収穫

  5. 気軽に通訳を入れて、日々の打ち合わせをスムーズに ~ Risoli Japanさま

  6. おらが村で40年・・・チャオ、マエストラ・マリアグラツィア

Copyrighted Image