世界遺産・マントヴァの名産品は「かぼちゃ」

イタリア(少なくともフィレンツェ近郊)で売ってるかぼちゃって・・・分かりにくいですが、皮がオレンジで薄め、そしてデカい。丸ごとや半分でも売れないほどデカいから?こうして切って売ってあります。これ、イタリア人はどうやって食べてるんだろうか!?ってくらい、美味しくない。ホクホクさが全くないし、繊維質だし、全然甘くないし。

が、これはちょっと別、マントヴァかぼちゃ。

見た目からして、日本でよく見るカボチャと似ているでしょう?マントヴァはロンバルディア州(州都:ミラノ)の町で、近郊のサッビオネータとともに世界遺産に選ばれています。私たちは2013年秋に訪れましたが、本当に端正な美しい町!

そこの特産物であるのが、このマントヴァかぼちゃ=zucca mantovanaなのです。本場ではTOP写真のようにゴロゴロ売ってましたが、この近辺では大きいスーパーに行かないと売ってないので、見つけたらついつい買ってしまいます。友人情報によると、「HOKKAIDO」という日本のかぼちゃも売ってる店があるらしいですが、私はまだ見たことがありません・・・

マントヴァかぼちゃ、切ったらこんな感じ。

マントヴァの名物料理は、このかぼちゃのトルテッリ。パスタの中に、このかぼちゃのペーストが入っています。切った写真がなかったのですが💦、中はオレンジで、ほんのり甘く。シンプルでバターとチーズで食べます。

では、うちではどういう食べ方をしたかって?明日、またレシピと共に公開しますね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【我が家の食卓】パスタもソースも全て手作り、極上ラザニア!

  2. やっぱり言葉がしゃべれたら・・・と思うとき

  3. コロナウィルスで動けない時だからこそ!イタリアとオンライン&代行サービス

  4. ローマ・フィウミチーノ空港へ鈍行で行くメリット

  5. フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

  6. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

Copyrighted Image