朝はがっかり、夕べは嬉し。

それは、冬 → 夏、のサマータイム!

まず、サマータイムとは・・・

1年のうち夏を中心とする時期に太陽が出ている時間帯を有効に利用する目的で、標準時を1時間進める制度またはその進められた時刻のこと・・・一般に、昼間の明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を長く持つことができる。緯度が高く夏

の日照時間が長い欧米諸国などで多く導入されているが、スイスや欧州連合(EU)では、省エネルギーの効果が乏しく、健康に悪影響があるという理由で、市民の8割が廃止を望んでおり、EUでは廃止の検討が進んでいる

Wikipediaより抜粋

そのサマータイムの始まりは、3月最終週の日曜日、午前2時→3時になることで、1時間後ろにずれます。つまり、1時間短くなり、朝が早くなるので、あああ、もう朝かー!とがっかりしてしまうのです。大事なことは、翌朝に起きてびっくりしないために、夜寝る前に時計を1時間早めておくこと(最近のスマホやPCは自動的に変わりますが)。でもでもでも!その日は1時間睡眠時間が短くて眠くても、夕方、いつも暗くなる時間でもまだまだ明るい!なんかついこないだまで冬だったのに、1日が短かったのに、こんなにまだ明るいなんて~!と、今度は嬉しくなるのです。TOP写真は19時、ようやく日暮れという感じ!

そんなサマータイム、Wikipediaでも書いてあるように欧州では廃止予定らしいですが、イタリアはサマータイム肯定派が多く?続行するそう。私個人的にも、夏を存分に楽しめるのでサマータイムは嫌いではありません・・・さ、これから10月末まで、サマータイムを楽しむぞ~!

【トスカーナより生中継のライブ&トスカーナ好きコミュティ】

「トスカーナ自由自在チャンネル★小さな村・生産者・職人・料理を現地から発信」

上記リンクより、詳細とお申し込みをお願いしますm(__)m

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. どうしてモニターツアーをしようと思ったのか

  2. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  3. イタリア人のパジャマセンスが、とんでもなくヤバい

  4. あれから、本当に1年が経ってしまった

  5. どこにも行けない、コロナ禍12月の連休

  6. 大晦日の正しい過ごし方~家族で映画鑑賞

Copyrighted Image