天然酵母の長期低温発酵、恐るべし!

ここ数か月、ピッツァをテイクアウトすることもあり、天然酵母を使う回数(パンを焼く回数)減っています。週1回くらいかな?そして冬なので、酵母液にするところから生地を作っていくときの1次発酵は、かなりゆっくりやってあげないと酵母ちゃんが起きてくれません(そういうのを目とか触った感じでわかってきたのが嬉しい!)。なので、

  • 秋までは前日の晩に餌をやって酵母液を作り、9時にこねて1次発酵、14時に成型して2次発酵、19時にく、
  • 今は朝に酵母液を作って夜にこねて1次発酵、翌朝に成型して2次発酵、昼過ぎに焼く

しかし、先日は酵母液もイマイチまだ元気ではなく、いったんこねて1次発酵してみたけどやっぱりイマイチで・・・。しかもパンの残りがあったので、そのままさらに翌日まで置いておいたのです。つまり36時間?そしたら・・・かぶせていたフキンに生地がくっつくほど、発酵していた!=TOP写真、前日の晩まではコレの7割くらいの位置だったんです💦 発酵が進むのは遅くても、一度目覚めると?そのパワーはえげつなく、2次発酵も3時間ほどで膨れすぎてザルから出そうなほどになり

慌てて焼きました(笑)。

しかも、1次発酵分はこのいつものパンだけでは使いきれず、今までイマイチなバゲット風、それでも余ったので、即興で市販品のチョコパン・パンゴッチョリを作ってみました。

バゲット風はまずまず、パンゴッチョリは改良必要なので、これはまた成功した時に。それでも家族が美味しいと食べてくれたので、この機会にいつものパン以外のお菓子やパンもどんどん挑戦していきたいと思います。長期低温発酵後の生地でなら、何でも膨らみそう!

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィレンツェ」だった

  2. 久しぶりの秋晴れ

  3. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その2・Epica

  4. イタリアの学校は今、成績表のシーズンです

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その4・選べる楽器

  6. 秋の恵み、自然の恵み

Copyrighted Image