歯医者に通うなら、日本とイタリアどちらがいい?

もしかしたらイタリアでも良いかもしれない?

これは、歯医者が優秀かどうか?ではなく、医療システムで考えた場合のことです。昔は絶対日本!と思ってましたが、一概には言えないかもなーと思い出しました。

まず、簡単にイタリアと日本の医療システムを比較しますと・・・

🇯🇵 日本 🇯🇵
毎月、一定額の保険料を納め、実際に医者にかかった時だけ3割負担。

🇮🇹 イタリア 🇮🇹
保険料はなく、ホームドクターにかかるだけは無料。医者にかかった時はケースバイケースで支払い

これも自分がどれだけ医者にかかるか?や、ホームドクターが優秀か?に大きく左右しますが、健康でホームドクターが優秀ならイタリアでもいいな、と思います。私は健康でほとんどドクターにも病院にもお世話になってませんが、ホームドクターがおわってるので(私の経験より)、早く定年でいなくなって欲しい!それはさておき、妊娠・出産など無料だった(かつ市から補助金も出たし)のがとても助かりました。・・・とはいえ、全ての費用は高い税金で賄われていると思えばウームともなりますが、ね💦

さて話を戻して、歯医者の場合は、少し違います・・・いや、だいぶん違います!歯医者の場合、イタリアでは国立病院にある歯科医はかなり前から予約必要&腕が悪い(周りの人から聞いた話)ので、ほとんどがプライベートの歯医者=保険の対象にはならないので

全部実費です。

歯のお掃除だけでも50ユーロ(6000円)は下らず、ちょっとした虫歯(虫歯を削って蓋するだけ)でも80ユーロ(9600円)は下りません。ブリッジなんてしようものなら、7、800ユーロ(10万円弱)・・・??しかし逆に、日本では保険の対象にならない「インプラント」だと1600ユーロ(約20万円)、と日本では30万以上と聞いたので、かな~り安くなります。じゃあインプラントしない限りは日本の方が得やん!と思いますよね?確かにそれも真実ですが、インプラントをするかしないか?では日本の歯医者さんにセコンドオピニオンを聞いた時に言われたのは・・・

日本にいれば、保険がきくのでブリッジにしますが、ブリッジは左右の健康な歯にも手を入れるので、良くないケースもたくさんあります。ただ、インプラントだと高すぎてそれが最善でも提案できないことがあります

とのことでした。私の場合も日本だとブリッジをするけれど、インプラントがベターだし、イタリアでそれだけ安いのならインプラントにするのがベストだと。日本では保険適用の処置で済まそうとして、ベストではない処置になってしまうリスクがあるという訳。更に健康で医者や歯医者にほとんど行かないのなら、月々の保険料を累計してみると、結構な額になるので、治療費が3割だからと言って得している訳ではないんですよね。

とはいえ、一番良いのは歯医者に行く必要がないようにすることですが(苦笑)。日本では気軽に歯医者に行っていた私も、イタリアでは費用が恐ろしくて気を付けているからか、行く回数は圧倒的に減りました。しかし、新規の問題はなくとも、移住前に日本で行った治療のガタがきて、再度治療をするケースが多々・・・実はそのおかげで歯が割れ、昨日も歯医者にいく羽目になりました(号泣)。結局、神経を取って、丸ごとかぶせをすることになったのですが、治療費合計が・・・

850ユーロ(チーン)

(11月に治療した同じ歯だったため、その時の治療費を差し引きした金額がこちら💦)冒頭での、「イタリアでも良いかもしれない」、は、撤回かな?爆。

【トスカーナより生中継のライブ&トスカーナ好きコミュティ】

「トスカーナ自由自在チャンネル★小さな村・生産者・職人・料理を現地から発信」

上記リンクより、詳細とお申し込みをお願いしますm(__)m

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 続けるためには、やはりモチベーションが大事

  2. 分かりやすいイタリア料理レシピなら、「Giallo Zafferano」

  3. 今日から復活祭休みです

  4. トスカーナの我が家に帰ってきました

  5. またまた新しいハチミツの味、今度は「エリカ」

  6. 花を植える日曜日

Copyrighted Image