アルト・アディジェの郷土料理「カネーデルリ」を作ってみた!

2018~2019年の年末年始に行ったアルト・アディジェのスキー旅行。その時にたくさん食べた郷土料理・カネーデルリ、ハマった長男に家でも作って~と言われていたのに、今まで放置しておりました。FBの思い出で写真が出てきたのもあり、調べてみると意外と簡単だったこともあり、固いパン・ブロードのストックがあったっこともあり・・・何故か大晦日のディナーに作ってみました!参考サイトは毎度のGiallo Zafferano。うちはパンがカチカチなこと、またパン以外の具を大目にしてるので、サイトとは若干分量が違いますが、皆さんも適当にアレンジしてみてくださいね。

カネーデルリ以外のアルト・アディジェの美味しいもの、カネーデルリのいろんなバージョンはこちらに紹介しています。

イタリア北部、トレンティーノ・アルトディジェ州の美味しいもの

材料(直径4㎝サイズ・20個分)

◎古いパン・250g(うちのようにカチカチの場合は150g程度) ◎牛乳・250g ◎玉ねぎ・半個 ◎スペック(ハムやベーコンでもOK)・150g ◎バター・10g ◎卵・1個 ◎浅葱またはイタリアンパセリ・適量 ◎肉と香味野菜でとったブロード、またはコンソメスープ・適量

作り方

1)パンは5㎜各程度に切って、牛乳に浸しておく。最初は200㎖くらいいれ、パンが柔らかくなっていなければ残りも追加(うちのように固すぎて柔らなくならない場合、火にかけてつぶしてください)。

2)玉ねぎとスペックをみじん切りにし、バターでじっくり5分ほど炒め、冷ます

3)1)に卵を入れて混ぜ、続いて2)、みじん切りにした浅葱またはイタリアンパセリを入れてよく混ぜる(パサついていたら少し牛乳を、柔らかすぎたら少しパン粉か小麦粉を入れて調整してください)

4)3)をお好みの大きさに丸める

5)温めたブロードで15分ほど煮て、出来上がり!

大晦日だったので、横に写っているのはレンズマメ:新年はお金に困らないように、の願掛けで大晦日に食べる風習があります。

ちなみに中身はふわっふわ・・・本場で食べたのよりも、美味しかったかも!次はアレンジバージョンのほうれん草入りやチーズ入り、そして食べ方もスープ以外の食べ方をやってみたいと思います!

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. イタリア人家庭が使う、1年間のオリーブオイルの量ってどのくらい?

  2. 離れた家族と、どれくらい頻繁に電話しますか?

  3. お店の個性いろいろ!日本で食べるトスカーナ料理2・ペポーゾ

  4. イタリアン男子は皆大好き?「カルチョ・バリッラ」って何?

  5. 大収穫ゆえに・・・さくらんぼのジャム仕込みに精を出す

  6. ついつい食べちゃう、やっぱり「和スイーツ」

Copyrighted Image