フィレンツェっ子が「学校をサボって行く場所」は?

それは・・・

ボーボリ庭園です!

もちろん人によって違うかもしれませんが、この下のリンクでウフィツィ美術館の館長シュミット氏が、そしてこの投稿のコメント欄で、フィレンツェ人も証言しています(笑)。

先週木曜の2021年1月21日、77日ぶりにウフィツィ美術館が再開しました。その日、ちょうど(または合わせて?)アゾリーナっ教育相がジャーニ・トスカーナ州長とともに訪れたていたのに、この言葉!

特に若い人たちに来てほしい。18才以下の人は入場を無料にしています。もしどうしても「学校をサボる」必要が出てしまったら、この美術館に来てください。ここでは多くのことを学べます。それは、フィレンツェ人がサボるときに定番の場所・ボーボリ庭園もです。ただ美しいだけでなく、知識とアイデンティの場でもあるのです

“Vorrei rivolgere un invito particolare al giovani, ai ragazzi fino ai 18 anni che hanno anche l’ingresso gratuito: se dovete proprio ‘fare forca’ (espressione tipica fiorentina che indica chi marina o bigia la scuola, ndr) fatelo qui nel nostro museo. Qui si impara comunque moltissimo. E la stessa cosa vale anche per il giardino di Boboli, luogo tradizionale della forca fiorentina. Questo non è soltanto un luogo bello, è anche luogo della conoscenza e dell’identità”.

敢えてイタリア語原文も入れてみましたが、赤字に注目!Fare forca = 学校をサボる、はフィレンツェ弁です。標準語では、marinare(またはbigiare) la scuola。Forca そのものの意味は、「さらし絞首台」!

しかし、なんと贅沢なサボり場所なんでしょう!!その他のコメントでは、「俺はウフィツィかクーポラだったな」なんて言う人もいれば、「でもウフィツィでドラッグはできないでしょ?」とかいう洒落にならないコメントも(汗)。ともあれ、18才以下は無料なので、3年前に行ったっきりの長男に行って来たら?と言ってみました。人数限定の予約制なのでインタビューされていたフィレンツェ市民は「観光客がいなくて、ゆっくり見られて最高!」ですって。なので、学校の遠足で行ったっきりと言っていたフィレンツェ人(=わがダンナ)にも勧めてみようかな?笑。

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Via dei Conti ディ・コンティ通り

  3. フィレンツェ北部の山の中で、超!本格的!!和風ランチ

  4. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

  5. イタリアから日本に帰省してすぐ、とまどってしまうこと

  6. 久しぶりのアレッツォは・・・やっぱり素敵な町でした!

Copyrighted Image