イタリアのスポーツメーカー、知ってますか?

スポーツ好きな我が家は、スポーツ用の服や靴を買う機会が多いです。一般的に知られているスポーツ用品メーカーはきっと全世界一緒で

  • ナイキ
  • プーマ
  • アディダス

日本のメーカーだとアシックスやミズノ?前述の3つは全部アメリカだと思っていたんですが、プーマとアディダスはドイツだったんですね!?では皆さん、イタリアのスポーツメーカーってご存じですか?おそらく日本でもちょっとは知られている?え、これイタリアだったの?な4つのメーカーを紹介します。

LOTTO

1973年ヴェネト州モンテベルーナで創業。日本でもシューズをメインに販売されていますが、創業時からテニスに特化しています。現在もイタリアテニス界のエース、先日までのウィンブルドンでイタリア人で初めて決勝に進出したマッテオ・ベッレッティ―ニ選手のスポンサー!サッカーでもセリエB以下ですが、数チームとスポンサー契約をしています。私は大学時代にシューズをもっていましたが、当時はイタリアメーカーとは知りませんでした。

FILA

1911年にピエモンテ州ビエッラで創業、11か国に支社があり、日本でも販売されています。フィラといえば、もう20年前にダンナのおばさんが誕生日にフィラの下着セットをプレゼントしてくれたんだけど、耐久性抜群?でつい最近まで着ていたという・・・ボロボロだったけど捨てるの寂しいな!ってくらいの愛着がありました。サイトなんかを見てると、やっぱりテニスウェアが一番強いメーカーなのかな?という気がしますが・・・


日本のFBページを見ていてびっくりしたのは、韓国アイドルグループとのコラボがすごいこと(苦笑)。というのも、2007年からは韓国フィラの保有になっているそうです・・・こうしてイタリアの会社が外資に買収されるのはちょっと悲しいけど。

DIADORA

1948年にヴェネト州のトレヴィーゾ近郊で創業、名前の意味は古代ギリシャ語で「神より賜れし至上の贈りもの。このエリアは世界大戦時に兵士用靴の生産が盛んで、その背景により登山靴の生産からスタートしたそうです。1970年代半ばより世界市場拡大のため、有名サッカー選手のスポンサーになり、世界記録を出したアスリート・ベンジョンソンのスポンサーでもあったことから、その名を決定的に。現在もスポーツシューズがメインで、実はつい先日、アウトレットで私が購入したのもディアードラ💛。ここに紹介しているメーカーでは、ディア―ドラのロゴとかデザインが一番好きです。

KAPPA


1978年トリノ創業のスポーツウェアメーカー。男女が背中合わせに座るロゴ、日本だと雨具のカッパ、河童を連想しちゃう名前が印象的ですよね(笑)。日本語で検索すると「カッパ ダサい」と候補に挙がってくるほど?日本では人気がなさそうですが、サッカーの世界ではかつてのイタリアナショナルチームやユヴェントス(トリノですからね!)、現在でもフィオレンティーナやジェノア、モナコなどのスポンサーを務めています。そしていま行われている、東京オリンピックのイタリア選手のユニフォームにも注目!私が今まで見ただけでも、カヌー、柔道、フェンシングはこのカッパのユニフォームを使っていました!

皆さんはどのイタリアンスポーツメーカーが好きですか?イタリア好きの方は、ぜひごひいきに💛

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. セミナーにお金を出すのなら、習ったことを全部やらんと意味がない

  2. 旅行で一番楽しいのは何ですか?

  3. エコ、グリーン、スロー、サステイナブル・・・ツーズムの新形態、その違いは?

  4. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

  5. 寒くなってくると、むしょうに食べたくなるおやつ

  6. 「アンタ」になったら、盛大にお祝い!

  1. キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

    2024.07.08

  2. メディチ家礼拝堂、ミケランジェロの「秘密の部屋」特別見学に参加

    2024.07.06

  3. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  4. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  5. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  1. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image