DはドモドッソラのD!イタリアでのスペリングを説明する言い方

ピエモンテ州ノヴァ―ラ駅でオルタ湖へ行く電車に乗ろうとしたときのこと。・・・ドモドッソラ!!!あのドモドッソラはこんなところにあったのか!と1人感激してた私。ドモドッソラは別に観光地でもないし、イタリア人でもわざわざ訪れるところでもありません。なのに私がなぜこんなに感動したのか?そしてイタリア人にも聞き覚えがあるのはなぜなのか・・・?それは

DはドモドッソラのD!

だから。

イタリア語ではスペリングを口頭で教える時の言い方、というものがあります。そのDが、このドモドッソラ。他のアルファベットも、多くが都市の名前になっています。それでは、一般的なアルファベットの言い方を紹介しましょう!()はそれぞれのアルファベットのイタリア語の読み方です。

  • A di Ancona アンコーナのA(ア)
  • B di Bari – di Bologna ボローニャのB
  • C di Catania – di Como カターニャまたはコモのC(チ)
  • D di Domodossola ドモドッソラのD
  • E di Empoli エンポリのE(エ)
  • F di Firenze フィレンツェのF(エッフェ)
  • G di Genova ジェノヴァのG
  • H は外来語のため、そのまま(アッカ)か、ホテルのH(ホテルもHは読まないのでオテルと言います)
  • I di Imola – di Imperia イーモラまたはインぺリアのI(イ)
  • J は外来語のため、そのまま(イルンガ)か、ジョリーのH(ジョリー=ジョーカー)
  • Kは外来語のため、そのまま(カッパ)か、クルサルのK(クルサル?はたぶん外国の都市名)
  • L di Livorno リヴォルノのL(エッレ)
  • M di Milano ミラノのM(エンメ)
  • N di Napoli ナポリのN(エンネ)
  • O di Otranto オートラントのO
  • P di Palermo パレルモのP
  • Q di Quarto – di Quadro (都市名がないので)クアルト(=クオーター)かクアードロ(絵)のQ(クー)
  • R di Roma ローマのR(巻き舌で)エッレ
  • S di Savona – di Sassari サヴォーナまたはサッサリのS(エッセ)
  • T di Torino – di Taranto トリノのT
  • U di Udine ウディネのU(ウ)
  • V di Venezia – di Verona
  • W は外来語なのでそのまま(ドッピオヴ―)かワシントンのW
  • X は外来語なのでそのまま(イクス)かラッジイクス(X線)
  • Y は外来語なのでそのまま(イプシロン)かヨットまたはヨークのY
  • Z di Zara ザラのZ

パルマのPとかヨーグルトのYとか、他にも言い方はありますが、基本はこんな感じです。何かを書くのに聞き取れなかった場合、日本語の名前で向こうが理解できない場合は、ぜひこのスペリングを使ってみてくださいね。

【おまけ】
こちらがピエモンテ州の鉄道路線図。ですが、私の乗った路線はトリノから右上、Vc-No-Miと表示されているノヴァ―ラからさらに北上する路線で、全く載ってませんでした💦

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 「イタリアの笑えない話」を、これからもガンガン更新していきたい理由

  2. トスカーナを旅する、ベストシーズンはいつ?

  3. 学校は始まったけれど・・・コロナ禍下のサッカーは?宗教行事は?

  4. ラップをできるだけ使わない、3つの方法

  5. バレーボール男子、欧州杯の結果は・・・

  6. ハグの効用

Copyrighted Image