もはや恒例行事?女性の日にゼネラルストライキの矛盾!

これは一昨年にFBにシェアした投稿。

3月8日は「女性の日」 ~フィレンツェの市立の博物館(ヴェッキオ宮殿、アルノルフォの塔、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会、ブランカッチ礼拝堂、ノヴェチェント博物館、バルディーニ博物館)は女性無料!なのに・・・一昨年、そして今年も、この女性の日に「ゼネラルストライキ」をぶつけてきました。

P1030686

一昨年は、それまで上ったことのなかったヴェッキオ宮殿のアルノルフォの塔に上りに行こう!と、友人と約束してたんです。最初、学校もスト決行!という話を聞いたけど、うちの息子たちの先生はストやらないと分かりほっとしていたのもつかの間・・・電車はあるんか?と調べたら、やっぱり、鈍行は通学通勤ラッシュ時間帯以外はすべてキャンセル・・・で、行けないことに。

今日のストはイタリアだけでなく、近年女性の権利を主張する団体を中心になんと世界40か国がゼネストを行っているらしいのだけど、じゃあ男性はストするなよ?ほんで電車動かしてよ?しかも学校の給食もないから、母ちゃん弁当準備しないとアカンやん?何が女性の日やねん?と私は言いたい!最終的に、昨年は学校の先生も1名を除きストすることが昨日夕方遅くに口コミでまわり、息子たちはお休みに。一方今年は、どうやらストすする先生が少なかったらしく学校はあったけれど・・・それでも女性の日にゼネストって、やっぱり納得いかーーーーーーーん!!!! 

関連記事

  1. 【イタリアの最も美しい村】イタリアいちスコットランド風?の村、トスカーナ州バルガ

  2. 2019年秋、ルネサンスの巨匠2人の映画が見逃せない!

  3. 大人の遠足~田舎暮らし仲間、モデナにふたたび集合!

  4. 関西の美しきマンホールたち・その2

  5. 自分で自分に「企画書」を出してみる

  6. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

Copyrighted Image