牛のハツをイタリア風に食べてみた

こないだ週1の大型スーパーへ買い出しに行った時に見つけた、こちら・・・CUORE=心臓!(日本語ではハツ、調べてみるまで知らなかったんですが、その呼び名は英語のハートから来てるんですって)。このインフラの時代、やっぱりこの安さに目がいったのですが、私もダンナもトリッパやらランプレドットやらが大好きなので、これも絶対好きなはずと踏んで購入。

日本だとやっぱり焼肉で食べるんでしょうが、イタリアではどうやって食べるんやろ?とこちらも調べてみると、最初のほうに出てくるレシピはいずれも玉ねぎとの煮物。レバーに比べると癖はないようですが、レバーと同じような扱いのレシピばっかり=玉ねぎとの組み合わせはまさに「ヴェネツィア風レバー」と同じです。いや、作り方も基本同じでめちゃくちゃ簡単。たっぷり目の薄切り玉ねぎをいため、短冊切にしたハツを投入、白ワインで飛ばし、塩こしょうで味付け、すればできあがり!

柔らかいけど、適度なシャキシャキ感があり、味も食感も超私好み!しかも2人前相当のハツが200円ほどとは、一石二鳥。

ということで、これから毎回大きなスーパーの肉コーナーに行ったら必ずチェック。いつもはなさそうなので、あったら即買いしよう……そして次はまた違うレシピを試してみたいと思います。

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 秋の夜の夢~おらが村でマッジョ・フィオレンティーノのコンサート

  2. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=前菜

  3. 外に出る喜び、人に会う喜び、言葉を交わす喜び

  4. 6か月ぶりの、オルチャ渓谷へ!

  5. バッボに突きつける、長男の初めての「NO」

  6. サイトへのアクセスが一気に伸びる時の理由

  1. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  2. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  3. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  4. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  5. 暮らすように近郊の村や町を巡る、アレッツォ滞在のススメ。

    2024.05.06

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  3. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image