超ワイルドな、毛付きの生ハム

先日マンマの家でランチした時、もらってきたもの・・・毛!?
これ、イノシシの生ハムです。義妹のお舅さんがハンターで、仕留めたイノシシを自ら生ハムを作ったそうで。なんで毛を残したのかは謎ですが、なんともインパクト大な生ハムちゃん。

肉は黒みのある赤で、真空パックを開けた時の香も豚の生ハムと言うより、牛の生ハム・ブレザウラっぽい感じ。肉が固そうなのもあって、ダンナにスライスしてもらいました。

多少の癖はありますが、独特の味わいと強めの塩がたまらない~赤ワイン欲しい~!!イノシシ肉大好きな長男も超気に入って、開けた翌日から、学校のおやつにこの生ハムのパニーノ持参しています(笑)

関連記事

  1. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

  2. 「アテネ遺跡パス・30ユーロ」はホントに得か?ほとんどを周ったリアルな感想

  3. さよなら、メガネのおっちゃん

  4. 【レポート】第三回・トスカーナ料理ディナーとトスカーナを語る会

  5. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  6. イタリアの伝統、おばあちゃんの「パスタ・フレスカ」を受け継いで

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィ…

    2020.01.26

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo degli Albizi アルビツィ通り

    2020.01.25

  3. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニ…

    2020.01.24

  4. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何で…

    2020.01.23

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトの…

    2020.01.22

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image