イタリアで和食の肉料理を作るときに必須な器具

それは・・・肉叩きです!おそらく料理の仕方が違うせいなんでしょうが、肉の薄切りは売っていません。あるのは牛のカルパッチョ用・・・しかしこれは、脂がないので、すき焼きや肉じゃがにしてもあまり美味しくありません。うちは豚肉好き家族ですが、豚肉の薄切りも、あっても脂身の少ない背肉くらい。なので、お好み焼きに使うパンチェッタ(腹肉)や、脂身が多めでよく使用するスカルメリータ(首肩肉)は、叩いて薄くするしかない!売ってるのは、1cmくらいの厚み・・・TOP写真のように、こんなに分厚いの。ちなみにカウンターで「できる限り薄くスライスして~」と言っても、これの半分くらいかな・・・結局叩く羽目になります(苦笑)。それを叩いて、叩いて、

IMG_9576

なんとかこれくらいにして、この日の夕食は!

IMG_9577

豚肉と白菜のミルフィーユ鍋!!白菜はスーパーで手に入るし、切って入れて弱火で放っておくだけなので「簡単美味しい」料理しか作りたくない私にびったり(笑)そして最後の雑炊が何気にイチバンのご馳走~10月も末、お鍋が美味しい季節になってきましたよ。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 酷暑のさなかに冬支度

  2. 映画撮影に、メジャーTV番組!ばーちゃん村の地域協同組合Parco Vivoがメジャーに?

  3. トスカーナ北西・ポントレーモリ、リモートワーク移住プロジェクト

  4. 気軽に通訳を入れて、日々の打ち合わせをスムーズに ~ Risoli Japanさま

  5. アマゾンで買い物で迷ったら・・・Q&Aコーナーで質問してみよう!

  6. イタリアの「送り迎え地獄」事情と、我が家の週末

Copyrighted Image