【我が家の食卓】マントヴァかぼちゃを使ったニョッキ

何気に人気の 【我が家の食卓】シリーズ 、今回は、昨日ご紹介した「マントヴァかぼちゃ」を使った、カボチャのニョッキです!今が旬のかぼちゃ、1つ使い切るのは大変ですが、これは丸ごと使っちゃって冷凍しておけるのでとっても便利!

材料(作りやすい文章=かぼちゃ1個消費して残りは冷凍保存)

◎かぼちゃ・1個 ◎卵・1個 ◎小麦粉・適量、◎塩・大さじ1~2
(ゴルゴンゾーラソース)◎ゴルゴンゾーラチーズ・100g程度 ◎牛乳・適量
(バターソース)◎バター・100g程度 ◎セージ、塩・適量

作り方

1) かぼちゃを6~8等分にして、アルミ箔に包み、オーブン皿に並べます。

2) 200度のオーブンで1時間焼きます。かぼちゃの分厚さなどによりますが、私の場合は6等分でやってやや固めだったので、先日12等分に切ったらちょうどよく、次の行程も楽でした!

3) かぼちゃの中身をスプーンでこそぎ落として、マッシュする。そこに卵1個と、小麦粉300gくらいからスタートし、まとまるまで小麦粉を追加する。

4) げんこつくらいの大きさをちぎり、手で細長くしてナイフで切っていきます。ここで小麦粉をしっかり台や手につけておかないと、エライことになります!

5) たっぷりのお湯を沸かしている間にソース作り。ゴルゴンゾーラソースは、ゴルゴンゾーラチーズと牛乳をフライパンに入れ、弱火でゆっくり溶かすだけ。バターソースもバターとセージ、塩(イタリアのバターは無塩バターなので・・・日本の塩入バターなら、ここで塩はいらないと思います~お好みで!)を入れて、弱火でゆっくり溶かすだけ。

6) 沸騰したお湯に、ニョッキを1つづつ投入。浮かんできたらゆで上がったサインです。

7) ソースと絡めて、出来上がり💛

 

ニョッキ(パスタ)は時間かかりますが、大量に作っておけば冷凍保存できて便利!我が家もかぼちゃ1個丸ごと使って作って、全部で6~8人分くらいできたので、半分は冷凍保存にしました。次回食べるときは、冷凍したまま、沸騰したお湯に入れるだけ!皆さんも、お試しあれ~!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 秋の恵み、自然の恵み

  2. アマゾンで買い物で迷ったら・・・Q&Aコーナーで質問してみよう!

  3. トスカーナ限定の呼び名の果物:ココーメロ、ポポーネって一体なんだ!?

  4. 気軽に通訳を入れて、日々の打ち合わせをスムーズに ~ Risoli Japanさま

  5. やるべきことを忘れずに、その日にやってしまえる方法

  6. 長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィ…

    2020.01.26

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo degli Albizi アルビツィ通り

    2020.01.25

  3. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニ…

    2020.01.24

  4. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何で…

    2020.01.23

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトの…

    2020.01.22

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image