「身の丈を知る」、私らしい初めての自家製・クリスマスリース

クリスマスの飾りつけ。FB田舎暮らしコミュニティで知り合った友人たちが、見事はリースの写真をUPしているのを見て、そうそう!私も今年自分で作ろうと思ったんだった!と思い出したのが先週。2年前にセンスの良い友人宅でクリスマスリース作りの会に参加し、昨年も自分で作ろうと思いつつ、やらず仕舞い(とはいえ、その前年のリースもほどよくレトロになってイイ感じだったので、それをそのまま使用)・・・さ、作ろう!かと言って、材料はどうする!ボンドとか小物とか何もないし!?それなら手元にある素材だけで好きなように作ってみたらどうやろ?と、庭のオリーブとローズマリーの枝を数本切って、輪にしてみる。

基本枝以外何も使いたくなかったけれど、ベースとなる最初の2本が上手く輪になってくれなかったため、そこだけ料理用のタコ糸で固定。あとは葉っぱのボリュームが均一になるように、ねじねじねじねじ・・・しかしこれだけでは寂しいので、裏庭に出て、乾燥したけどまだ残ってるラベンダーを採ってくる。

これを枝の詰まっているところに差していく。そうしているうちに、発見したものは

収穫し忘れて残ってた、オリーブが1つ・・・しわしわになったおばあちゃんオリーブ(笑)。せっかくなので、これをセンターの下にすることに。しかし、これではあまりに寂しいので、お隣さんから赤い実をおすそわけしてもらうことにして、これもラベンダーと同様に枝の詰まっているところに差してゆく。

はい、完成!全て自分(と一部お隣さん)の庭に生えてるものだけでできました。特別なモノもセンスもへったくれもないけれど、私にはこれで十分、いや逆に愛着のあるリースになりました。最近よく思うのは、自分の性格とか器量とかをわきまえて?いや、自然に受け入れたらエエんちゃう、という事。私は基本ズボラだし、センスも特別良いわけでもないし・・・それは自分をさげすんでるのではなく、無理しなくて自然体で楽しめばエエやん?と素直に思う訳です。とはいえ、来年はもうちょっと何か足したいかな・・・ま、それも私のことだから、来年の12月、その時の気分でちゃちゃっと作る事でしょう(笑)。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. Quando possiamo vederci 会えるようになったら

  2. ピエンツァのオステリア、グラツィエッラばーちゃんの名が付いたスペシャルパスタ

  3. 100才でも、車イスでも・・・イタリアのビーチはみんなのもの

  4. なんと7か月ぶり!イタリア、コロナ禍での学校再開

  5. イタリア田舎町では、「改造アペ」が超かっこいい!

  6. コロナ収束後、トスカーナで行きたい場所は?やりたい事は?

Copyrighted Image