フィレンツェのアンティークインテリア雑貨店「BOTTEGA DI CORTE」

サンタ・マリア・ノヴェッラ広場からほど近く、なんかオシャレやな~と思っていたお店。だけど、なんか敷居が高そうで入りにくかったお店。しかし、そこでイベントをやったことがある折り紙クリエイターの友人(サイト・Oriamare、私のウェブマガジンの記事・フィレンツェで花開く「ORIGAMI」の新しい可能性)が、そんなことないよ~と言ってくれたので、思い切って入ってみることにしました。すると・・・予想通り、とっても素敵なお店!商品1つ1つももちろんですが、歴史的な建物にマッチした商品の陳列やコーナーのコーディネイト、その中に入るだけで別世界に来たような、時間旅行に出たような感じさえします。

無造作にも見えるその家具や雑貨も、それぞれがとても個性的。1つ1つを手に取って、ゆっくり見たくなるものばかり・・・これらの商品は、オーナーさんがイギリスなどのアンティーク市で買い付けてきたもの。僕たちは単なるアンティーク商ではなく、私たちの人生のアンティーク研究者であり、皆さんの人生の隠れた脚本家です」とサイトで紹介されているように、買い付けてくるオーナーさんはもちろん、それを見て買うお客さんの人生に華を添えるようなものばかり・・・その前にも、見知らぬ誰かと歴史を共にし、そしてまた誰かの人生を共に歩む・・・以前はどんな人が使っていたんだろう?と空想してしまいます。

惚れ惚れしてしまった、カトラリーの束。1つ1つのフォルムや模様は違っていて、どれもとても美しい・・・てっきり超高級で手が出ないものと思っていたら、6本セットで55ユーロ。そりゃIKEAよりは高いですが、1本たったの8ユーロ!

さび付いた鍵は8ユーロ。どこの国の、どこの町の、誰のお宅の鍵だったのでしょうか?

天井からぶら下げられた乳母車!ここに乗っていた赤ちゃんは、今どこに?笑。

フロアはメインホールの他、入り口前に1つ、奥に1つあります。展示してある家具やカーペットも、ほとんどが商品。このソファー周り一画を全部!と言ってしまいたくなるほど、ため息の出る美しさ・・・こういう雰囲気に仕上げるには、やはりモノを見る目、そして組み合わせるセンスがないとできませんね。

生きたお店が好き、とサイトに書かれているように、商品は唯一無二のものが多く、入れ替えも多いよう。なので、お気に入りを見つけたらすぐにGET!が鉄則ですね。旅行者方に家具は難しいですが、先ほど紹介したカトラリーや写真立てなど、持ち帰りやすい雑貨もたくさん。定番の観光に疲れたら、今度は生きたギャラリーのような、インテリア雑誌の中に入り込んだような、この空間に癒されてみて下さい。スタッフの方もとてもフランクですよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

BOTTEGA DI CORTE
Via del Sole 11
+039-2657635

火~日・10:00-13:30 & 14:30 – 19:30、月曜定休

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 「オリーブオイルとトスカーナ人」を肌で知る~おらが村のオリーブオイル搾油所見学

  2. 職人のアイディアが光る!フィレンツェのファインジュエリー工房&ショップ「IDRUS」

  3. おらが村で初めて開催!オリーブオイルコンテスト&テイスティング

  4. これぞフィレンツェの古き良きトラットリア!地元民から愛され続ける「Sergio Gozzi」

  5. フィレンツェ郊外の庶民的アウトレット「Barberino Designer Outlet」

  6. フィレンツェ・モザイク「Scarpelli」、伝統工芸を今に伝える希少な工房

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィ…

    2020.01.26

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo degli Albizi アルビツィ通り

    2020.01.25

  3. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニ…

    2020.01.24

  4. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何で…

    2020.01.23

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトの…

    2020.01.22

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image