久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

こないだの日曜日、2年ぶり?にスタジアムでサッカー観戦をしてきました。うちの場合は「スタジアムでサッカー観戦」=「フィレンツェのアルテミオ・フランキスタジアムでフィオレンティーナの試合観戦」です(笑)。子連れということもあり、いつも友好的な関係にある対戦相手との試合に行きますが、今回は親善試合「フィオレンティーナvsガラタサライ」の親善試合。ガラタサライ?どこのチーム?と思ったら、トルコのリーグチャンピオンのチーム。そして、そこに日本の長友選手が所属していることを数日前に知って、ややテンションUPの私(知らんかったんかい!というツッコミは謹んでお受けします・爆)。サッカー大好き!という訳でもなく、チームや選手の名前にも疎い私ですが、スポーツ観戦自体は好きなので、ウキウキでスタジアムへ。ダンナと息子たちはもちろん!そして、いつかスタジアムに行きたい、と言っていた次男の仲良し君とその家族も一緒です。

歴代のユニフォームを着たうちの男性陣、今回はクルヴァ(カーブのある部分の観覧席)はクローズで、直線部分の2ゾーンのみ。大人20ユーロ、子供10ユーロなので、普段のセリエAのクルヴァ席と同じくらいでお得感もあり。チケットと身分証明書を出して入場し、久々のスタジアム(友人家族はお父さん除いて初スタジアム!)にすでに興奮!

おお、長友選手!!

しかもスタメン!一方フォレンティーナは唯一私も知っているスター選手・キエーザはベンチスタート・・・えええ、親善試合だからといって出し惜しみしないでよ(苦笑)。

試合前、フィオレンティーナでも一時期指揮をとったガラタサライのテリム監督にオマージュのユニフォームが贈られると、観客も拍手喝采・・・特に、サッカーの監督として一番好きだというダンナは大興奮(笑)。試合はもちろん、試合と関係ない場面も含めてのライブ感、それってやっぱりTVやネットでは味わえないよね~。

試合は前半はやめに、今年移籍したボーテング選手がPKを決める!

観客は沸く、沸く!その後、更にソッティリのゴール、後半は1点とられるも、その後、ベナッシ、シメオーネが決めて4-1の完勝!親善試合という事で選手交代もあまり制限がないらしく、両チームとも後半は選手交代が続き・・・そして!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キエーザ!!最後の10分程度だったのでゴールはなかったけれど、ナショナルチームでも活躍する選手を間近で、ホームで見られるのはやっぱり嬉しい♥・・・しかし、良い選手に育ってくるとビックチームに買われることが多いので、ヴィオラのキエーザが見られるのも時間の問題かもしれないって言う💦

サッカー好きの方へ~動画もどうぞ♪


現在、スタジアムでの観戦チケットはいろんな代理店がありますので、日本からGETするのもそれほど大変ではないかと思います。好きなチームがあるという方、サッカー好きの方、ごひいきの選手がいるという方、何か知らんけど一度はヨーロッパのスタジアムで観戦したいという方、いくらTVやネットで試合が見られても、やはり、スタジアムでの観戦は格別ですよー♪

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 「アテネ遺跡パス・30ユーロ」はホントに得か?ほとんどを周ったリアルな感想

  2. 希少な森のハチミツ、「メラータ」

  3. イタリアと日本、電車だけでこんなに違う!

  4. フィレンツェ「インフィニティ」、ワークショップも楽しめる革製品工房

  5. イタリアの子供が一度はハマる!「フィグリーネ」とは?

  6. 「ピッツェリア」って何か分かりますか?

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィ…

    2020.01.26

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo degli Albizi アルビツィ通り

    2020.01.25

  3. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニ…

    2020.01.24

  4. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何で…

    2020.01.23

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトの…

    2020.01.22

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image