ピオンビーノで泊ったアパートの謎

このバカンスで、オーガナイザー(=私)の痛恨のミスは、ピオンビーノの宿。目をつけていたエアビーのアパート2軒、新しいホストさんでレビューもなく、8月全部空きがあったので余裕ぶっこいていたら・・・ばーちゃん村でリラックスしすぎて予約するのを忘れ、帰宅後に見たら満室😭 エアビーではめぼしいのがなかったので、ブッキング・コムで予約したのですが・・・住所通りに行くと、TOP写真の場所に到着。んんん??

目に見えるの公園。その中にポツンと古い家が・・・とりあえずオーナーさんに電話すると、その家の2階のドアが開いた!やっぱり、ここ!?

中に入ると、まぁ普通っちゃ普通なんですが、普通=田舎の昔ながらの家。居間兼キッチンには古い薪ストーブ。天井は3mはある高さ。家具もばーちゃん村で見るようなアルテ・ポーヴェラか、レトロな昭和風のもの(笑)。ただし、全部機能するし、清潔なので基本的に問題はないのですが・・・

­

唯一の問題はこの窓。クーラーはないので開けるしかないのですが竹?すのこなので蚊が入ってくる!蚊に刺されやすい私は刺されて寝れず、ダンナは風が吹くたびに揺れるカタ、カタ、とすのこが音を立てるので寝られず・・・そして公園内にポツンとあるので、薬ってる人とか?不良少年がたむろってるとか?もやや心配で。

ダンナの推測では、

  • かつてここはオリーブ畑などの農家だった
  • 近年、住宅地開拓で周りは次々に土地を売った
  • しかし、ここのオーナーは土地売却を拒否し
  • 需要があると見て、最低限の整備そしてエアビー開始

後ろのオリーブ畑といい、ザ・田舎のおっさんっていう感じのオーナーだったし、あながち間違いではない、いや正解かも!

今回は寝るだけの1泊だけだったからよかったけど、連泊は辛い、変わった宿のお話しでした!

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. トスカーナの我が家に帰ってきました

  2. 家ごもり、家族それぞれにハマっているもの

  3. コロナウィルス騒ぎで流行のハッシュタグ、「#iorestoacasa」から「#andratuttobene」へ

  4. さよなら Divano、14年間の思い出をありがとう

  5. 今年のバカンス出発は・・・

  6. イタリアで初めて買ったレンコンで、何作る!?

Copyrighted Image