クリスマス後の朝ごはんの定番は・・・

パネットーネかパンドーロ!

11月からすでに販売が始まり、12月にもなるとスーパーで山積みになるもの。それはクリスマス菓子。特にその代名詞であるパネットーネ&パンドーロはすごい量が販売されます。おさらいしておきますと・・・

パネットーネ(Panettone)
ミラノ発祥のクリスマス菓子。イタリア語をそのまま訳すと「大きなパン」。形は丸く、ドーム型をしている。小麦粉、水、卵、バターの生地にドライフルーツが入っている。

パンドーロ(Pandoro)
ヴェローナ発祥のクリスマス菓子。イタリア語をそのまま訳すと「黄金のパン」。8つの先を持つ星型で、上に行くにしたがって細くなる。中身は何もなく、ふわっとした食感。全体に粉砂糖をかけてから食べる。

お気に入りのメーカー、クラッシックなものから変わり種、メーカー品でなくお菓子屋さんやパン屋さんの手作りもの・・・いろんなものがありますが、今年の我が家は、おらが村のパン屋さん・ダニーロの手作りチョコ入りパネットーネ。パネットーネ・パンドーロ共に大きいので、クリスマスだけでは到底食べきれません。そして家庭によっては、家族で「パネットーネ派」「パンドーロ派」がいると1個づつ買うので、なおさら!なので、クリスマス後は朝ごはんとして消費するのです。

らにクリスマスが終わると一斉に安売り開始!26日~は50%引きは当たり前、最後は1ユーロだとか2ユーロで在庫売りつくすので、これまたお安く買って朝ごはん用に。うちはクリスマス用に買ったパネットーネが28日に終了し、現在は50%オフで買ったパンドーロで朝ごはんを楽しんでいます。次買う時は、もっと底値?どっちを買うかな〜?

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. そのモヤモヤは、うまく忘れてしまえばいい

  2. 大雪で始まった3月

  3. 誰かジュリアーノを止めてくれ!

  4. 外国語上級者と母国語の人との違い

  5. 日本帰省の目的が、また1つ増えました

  6. 「時間に追われてる」と感じたら、自ら時間を止めてしまおう~忙しくて心を亡くさないように

Copyrighted Image