料理疲れのお母さんへ ~ 毎食完璧じゃなくていい!ラクしよう!

イタリア語でロックダウンは Quarantena=ペストの時に40日こもったことから、この名前がついたのですが、もう40日を過ぎてしまいました。イタリアでも、そして学校閉鎖+自粛でほぼ家にこもる日本の家庭も多いのではないでしょうか?SNSからも、「料理しすぎ」「何作っていいか分からん」など、お母さんはもう、料理!料理!料理!!!私もそう。料理は一番好きな家事とはいえ、こうも長く、そして食べ盛りの男児(とダンナ)がいるうちでは、もうエンドレス・・・ぶっちゃけ、かなり疲れてきました。

1日1食いや2食でも、適当でいいんですよ。
「死ねへん、死ねへん」が私の合言葉(爆)。

いつもは家でなんでも手作り!がポリシーで、出来合いの市販品を買うことはほぼないですが、今はもう、いいんです。ストレス貯めて疲れるよりは、よほど健康的!

TOP写真の材料は、ちょっとアメリカン・ナイト!ということで、ホットドック用のパンとウィンナーを購入。焼いて、挟んで、ケチャップやマスタードをかけて。今回は家のじゃがいもを揚げましたが、これだって冷凍のやつを買ったんでいいんです。

そして、夏のバカンスのアパート飯のために買って、残ったリゾットの袋。これ超便利で、この中身と水を入れて混ぜながら煮るだけ!!1袋しかなかったので、息子たちのエビのトマトのリゾットは自分で作りましたが、この時のブロード(出汁)も自分でとらずに、コンソメキューブを溶かしたやつ使用。

そして最たるものは、デリバリーサービスーーーー!

自家製ピッツァも美味しいけれど、ピッツェリアのピッツァは当然ながらめちゃ美味しい。お母さん、何もすることなし!おらが村のピッツェリア売り上げにも貢献!てことで、みなが幸せなんだから、これも毎日とは言わないけど、時々やればいいんですよね。日本でも多くの飲食店さんがテイクアウトやデリバリーやってるので、なーーーんにも罪悪感を感じずに、ぜひぜひ利用して下さいね。お母さんも、休みましょう!!笑。

関連記事

  1. イタリア語学習にぴったりの、参考書以外の本は何?

  2. 12月は、絶賛「書く月」!~その理由は?

  3. イタリア版寅さん?12月は「レオナルド・ピエラッチョ―二」の映画を見るべし!

  4. イタリアの野菜は、クッタクタに茹でる

  5. 「パンみたい」は褒め言葉?イタリアのパンを使った言い回し

  6. イタリアに来てから得意になったこと

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その7・ハホってハホってハホりまくる

    2020.05.29

  2. イタリアの「海」と「山」どっちが好き?1~アブルッツォ州バカン…

    2020.05.28

  3. イノシシのソースには、やっぱり「パッパルデッレ」

    2020.05.27

  4. さくらんぼの収穫は、鳥と虫との静かな戦い

    2020.05.26

  5. もよう、かたち、いろ・・・虫観察がめちゃめちゃ楽しい

    2020.05.25

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image