イタリアの素敵な慣習~自然のエネルギーを授かる「聖ヨハネの水」

イタリア語では「Acqua di San Giovanni」(イタリア語でヨハネはジョヴァンニ)。数年前にマルケ州の野草や薬草に詳しい友人・YukikoさんがSNSで投稿していて知ったもの。これはフィレンツェの守護聖人でもある聖人ヨハネの日=6月24日の前日の晩、に仕込むものなので、今までは日本にいてできずにいたのです。幸か不幸か今年は日本帰省はなくなったので、念願の聖ヨハネの水にチャレンジすることができました!

そもそも「ヨハネの水」とは、いったい何でしょう?

夏至が過ぎた後の聖人ヨハネの日(6月24日)を迎える夜は、かつてより「魔法の夜」とされ、神の怒りを鎮める儀式や、浄化の儀式が行われていました。この夜は新しい美しい季節の始まりであり、自然には最大のエネルギーが満ち溢れます。その一方で、干ばつや激しい嵐、植物の病気などで、収穫が危ぶまれる季節でもあるのです・・・その魔よけのために、太陽を意味する火を使った祭りを行い、また月を意味する水、つまり聖ヨハネの水を準備します・・・この魔法の水は、幸運、健康、愛をもたらし、また病気・天災を遠ざけ収穫を守るとされています。

― greenMeより

花は毒性がなければ何でも良いのですが、必須とされているのがこの黄色い「西洋オトギリソウ」、別名・聖ヨハネの花。あるかなーと裏山に行くと、ありました、ありました!その他、ラベンダー、ジャスミン、バラは家の庭から、それ以外は野の花で。ハーブは家にあるミント、セージ、タイム、そして庭にボーボー生えてるフェンネルを。そしてドキドキしながら水を入れ、裏庭のテーブルに置いておきました。

ほんとにマジックナイトだったのか?いつもより朝は早くに目覚め、まだ涼しいうちに裏庭へ・・・手を入れると、香りがプンプン!そして冷たくて、とにかく気持ちいい・・・で、どこで顔を洗おうか迷いましたが、あまりに気持ちいいのでそのまま庭で。古代から伝わる慣習だそうですが、これはタダの言い伝え・伝説でなく、ホントに効用がありそうな気持よさ。肌もつるっつるでいい香り!手、いや、腕にも水をくぐらせ、最後は櫛を入れて髪をとかし、前身に良い香りとエネルギーが宿りました。

ロックダウン中から野の花を摘みだしスワッグを吊るす嫁に、「今度はコレかー!」とからかってきたダンナでしたが、私が顔を洗って恍惚としていると、「・・・オレもやりたい!」やって(笑)。最初は手を浸していただけなのに、顔にもバシャバシャ、「これはいい!」とご満悦。ね、言うたやんか。

浸しておいた花を水から出して並べてみると、なんと20種!あとからバジルやローズマリーもあったな!?あ、公園にあるピンクの花も入れ忘れた!と気づいたので、来年はもっと豊かなものができそう。この花とハーブ、あまりに美しくて捨てるのがもったいないので、ドライにして瓶に入れて飾りたいと思います。

という訳で、我が家初の「聖ヨハネの水」。予想通り、いや予想以上に素晴らしいものでした。日本でも近所に野の花やハーブのある方は、ぜひお試しくださいね。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 長男、釣り吉になる

  2. 農家直売市へ行くと、せっせこ仕込みに精が出る!

  3. おらが村の絵付け工房より、日本へオリジナル作品をお届けします!

  4. 英単語をイタリア語読みすると、全く別の単語になってしまう話

  5. ヤギの乳しぼりとチーズ作り体験

  6. おらが村・かわいい野生の花図鑑♥

  1. 「ヴァティカン庭園ツアー」で、寺院と博物館でないヴァティカンに…

    2020.07.16

  2. 誕生日の夕べ~夜のフィレンツェは涙が出るくらい美しかった

    2020.07.15

  3. 【我が家の食卓】タコ丸ごと1匹、どう料理する?

    2020.07.14

  4. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

    2020.07.13

  5. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image