イタリアにもコロナ第二波、10月13日付けの首相令

秋も深まり、欧州ではコロナ感染の第二波がきています。そんな中で「優等生」?だったイタリアも、10月に入ってからあれよあれよという間に1000人を超え、ついに5000人を超えてしまいました。そんな中、10月15日まで有効だった前回の首相令、16日に向けて新しい首相令が出るのかと思いきや、13日に14日今日から施行の首相令が前倒しで発令されました。有効期間は30日、11月13日までです。

Comune di Londaさんの投稿 2020年10月13日火曜日

 

日本語では主要なものはこんな感じ

●マスクを常時携帯し、私的住居以外の閉鎖空間や屋外のあらゆる場所でマスクを着用することを義務付け。例外は
・運動中の者
・6歳未満の子供
・マスクの着用に適さない疾患や障害を持つ者。また、右の者の世話・介助を行う上でマスクの着用が不適当な者。

私的住居内であっても、同居人ではない人が居合わせる場ではマスクの着用を強く推奨する、としています。

アマチュアレベルの接触を伴うスポーツに関する試合や活動は全て禁止

●屋内外にかかわらず、パーティー(feste)は禁止

●市民婚、宗教婚を問わず、結婚式後のパーティーには、関連のプロトコール及びガイドライン遵守のもと、最大30名まで参加可能。

私的住居に関し、パーティー開催や同居人でない人々を6名以上招待することを避けることを強く推奨する。

あらゆる種類の学校が企画する修学旅行、生徒間・姉妹校交流に関するイニシアティブ、ガイドツアーや教育目的の外出の中止

●飲食サービス業(喫茶店、パブ、レストラン、ジェラート屋、菓子屋を含む。)は、テーブル席での飲食につき24時まで、着席しない飲食については21時まで許可される。

●なお、日本からイタリアに入国する者に対して課される14日間の自己隔離等義務(一部例外あり。)に変更なし

先週から今度の首相令はどうなるか?いろんな予想がTVやネットでも報道されており、州ごとのロックダウン、州間移動禁止の可能性も排除できない、とのことだったのですが、思ったよりは「ゆるい」内容となりました。ただ、おらが村みたいに道歩いてても誰も周りにいないとか、私有地でないにせよ家の前のごみ出しとかまでマスク着用義務で、しかも罰金は最小400ユーロというから結構な額ですね。イタリア人が皮肉ってギャグにしていたのは、

●私的住居に関し、パーティー開催や同居人でない人々を6名以上招待することを避けることを強く推奨する。

Ormai va così, erano più di 6 a tavola in casa…

Figli di Putinさんの投稿 2020年10月12日月曜日

で、ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」=13人に取り締まりの警官が来て、「誰だ、密告したのは?」というやつ。上記のように実際の首相令では「強く推奨する」であって、今朝のニュースでもコンテ首相が「一般家庭に監視に行くことはない」と言っていたましたが・・・この辺りは日本と同じで、「各人のモラルに任せる」というところ?こういうところは良くも悪くも国民性が違うので何とも言えませんが(苦笑:ともあれ、ロックダウン中からイタリア人は意外とルール守ってます)。

私個人的には、相変わらず通訳の仕事はゼロ、ダンナのスマートワーキング継続決定くらいですが、やはり心配なのは旅行業界や飲食業界、いやもはや全体の経済ですね・・・よく「いのちか?経済か?」みたいな話になりますが、フィレンツェの飲食店も閉店続き、自殺者も出ているので、ただ規制すれば良いわけがありません。そんなこんなでまだまだ明るい話題はありませんが、一番大事な自分の日常生活をいかに気持ちよく過ごし、その上でできることをやっていきたいと思います。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. バジルの次は栗!栗のシャンプーを試してみた!

  2. 私が混乱した「トスカーナ弁」その1・coso と cosare

  3. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

  4. 料理のレパートリーを増やす、もう1つの方法

  5. 「母子手帳」、お母さんから引き継いでますか?

  6. 【イタリア好き&イタリア関連お店の方へ】トスカーナ冊子、無料で配布いたします

Copyrighted Image