子も親も、新しい人間関係

おらが村は人口1800人なので、子供も各年多くて20人ほど。しかし、幼稚園~なんと中学校までがおらが村にあるので(隣の大き目の町の分校と言う形で)、各学年1クラスになります。したがって、3才の年少から14才の中学卒業まで、11年間ほぼ同じクラスメイト!て3才にならずとも0才から知ってる子もいるし、私も息子たちのクラスメイトは引っ越してきた子を除いては知ってる子ばかり。それが今年は、長男が高校生になり、初めておらが村から外に出てフィレンツェの隣町のマンモス高に通っているのですが、おらが村から一緒の子1人以外は当然みんな名前も顔も知らない子ばかり。長男の話で、いつもおふざけする子、ガリ勉な子など数人の名前は聞いたり、ワッツアップ(こちらで普及しているチャットアプリ)のプロフィール写真を見せてくれたりもするけれど、なんか、クラスメイトを私たちが知らない!なんてすごく新鮮です。

そしておらが村だと両親はもちろん、兄弟やジジババ、はたまたおじさん・おばさん・いとこまで知ってたりもするんだけど、今のクラスは親がどんな人なのかも全く知らず・・・先日やっと親のグループチャットができて自己紹介をチャット上でしたばかりです。そう考えてみると、仕事以外でプライベートのイタリア人の新しい知り合いって、かなり久しぶりかも!自己紹介以外に一度ヘルプをグループチャットに投稿したのだけど、みなさん優しくてイイ感じ。新しい出会いに、なんだかちょっとワクワクドキドキ・・・こちらはクラス替えが存在しないので、これから5年間は親子ともどもずっといっしょ。実際に会う機会はおそらくない気がするのだけど(しかも今コロナだし)、仲良くできたらなぁ~。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 【祝・5世代目】こんにちは、赤ちゃん★

  2. 緑がぐんぐん

  3. イタリア田舎町では、「改造アペ」が超かっこいい!

  4. 改めて思う、「いま死んでも悔いのない生き方を」

  5. アラフィフの手習い、今度は動画編集

  6. 外国に住むハーフの子供に、いつまで日本語の勉強を続けさせるか?

Copyrighted Image