【我が家の食卓】我が家の定番ミネストローネ

秋も深まってくると、食べたくなる&作ってしまうのがミネストローネ。ミネストラ、これに拡大辞がついたミネストローネは具沢山のスープの総称なので、コレ!という1つのレシピがあるわけではありません。各家庭によっても違うし、余った野菜をなんでも入れていいので、同じ家庭でも毎回違うミネストローネが出てきます。とはいえ、我が家の基本のミネストローネはこちら。オルツォ(大麦)好きのためオルツォが入ってますが、これがスペルト小麦・お米・パスタになっても良し、何もなくても良し、今回はブロッコリーも入れましたが、日本なら大根やカブを入れてもいいし、ほうれん草などの菜ものを入れてもOKです。最後に粉チーズ入れる入れないも個人の好み。でも!トスカーナではやはり、オリーブオイルをたら~りは必須ですね(笑)。

材料(4人分)

◎玉ねぎ・1個 ◎にんじん・1本 ◎セロリ・1本 ◎じゃがいも・大1個 ◎にんにく・2かけ ◎オルツォ・100g ◎パンチェッタ(ベーコン)塊・70g ◎オリーブオイル、塩、ローズマリー、粉チーズ・適量

作り方

1)オルツォ(またはスペルト小麦、米など)を下茹でしておく(お好みの歯ごたえで、ただし後でまた火が入るのでやや固めで)

2)玉ねぎ、にんじん、セロリをみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルでじっくり弱火で炒める

3)基本材料の他に、固めのもの(ブロッコリーの芯とか)があったら1)に追加して一緒に炒める

4)3)に水をいれて、強火、沸騰したら中~弱火にして、塩で薄めに味付けする

5)4)に小さめのさいの目切りにしたじゃがいも(大根やかぶなどもこのタイミング)を入れて、一緒に煮込む

6)じゃがいもに火が通ったら、1)の下ゆでしたオルツォも入れる

7)別のフライパンにオリーブオイルをたっぷり目に入れ、たんざく切り(さいの目切りでもOK)したパンチェッタ、つぶしたにんにくを入れて、パンチェッタがカリカリになるまで炒める

8)6)に7)を投入し、塩で味を調整して出来上がり!

※最初にオルツォや米を入れずに作った場合、余ったものはパスタ入れたり、はたまたトマトを入れたり、バリエーションが楽しめるので、たっぷり目に作っておくと良いですよ。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

  2. 中学の美術教師は有名ラッパー?

  3. イタリア人は、やっぱり海が好き

  4. 「クアットロ・フォルマッジ」の4つのチーズ、って一体どのチーズが入っているの?

  5. イタリアの学校、先生の呼び方はこう変わる+学園ドラマ&映画

  6. ギリシャ・ビーチバカンスは9月が絶対おすすめな理由

Copyrighted Image