毎週金曜の晩は、「連帯のピッツァ」

イタリアで第2波が始まり、何らかの規制が始まって3週間。1部の業種以外はほぼ全部ダメージを受けていますが、その中でも厳しいのが飲食店。トスカーナがレッドゾーンに入った翌日朝のニュースでは、中継でガラガラのフィレンツェが写し出され、「2万3000軒の店がシャッターを閉じました」と・・・。もちろん私たちが全部の飲食店を助けるのは無理だけれど、少しでも!という事で、毎週金曜晩の「おうちピッツァ」はしばらくお休みして、おらが村ピッツァリアのテイクアウトに。イタリアでは何かにつけて「Solidarietà =連帯」という言葉が使わますが、まさにこれは、「Pizze di solidarietà 」。週1回だけど気持ちよくお金を使い、私も夕食の準備・後片付けがない分、ゆったり金曜の晩を楽しませてもらっています。でももちろん、こんな状況が早く終わって、通常営業できる日が早く来るといいのですが・・・。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. あずきと酢味噌と蜜蝋ラップ

  2. ブログに日常生活の事を書いておいて、のちのち役に立ったこと

  3. ピオンビーノで泊ったアパートの謎

  4. 【我が家の食卓】パスタもソースも全て手作り、極上ラザニア!

  5. どうして「おらが村プロモーション」をするようになったのか

  6. イタリアの柿は、スプーンで食べる

Copyrighted Image