FAI(イタリア環境基金)による「愛しき場所」プロジェクト

FAI(Fondo Ambiente Italiano=イタリア環境基金)は、1975年に設立されたNPO団体で、イタリアの歴史的・芸術的遺産、イタリアらしい風景を保護するミッションを掲げています。イギリスのナショナル・トラストをモデルとし、設立当初から個人や行政から譲渡・寄付された遺産を修復、保護、または一般公開しており、その数は現在69か所。その他、協働して修復や運営にあたる遺産、また学校と一緒に取り組むプロジェクトや、一定の施設を特別一般公開する「FAIの日」を設けたり、年々その活動の幅を広げています。2003年に開始した「I Luoghi del Cuore(愛しき場所)」キャンペーンは、年に一度行われる国を挙げての投票システムで、インテ―ザ・サンパオロ銀行がプロモーションし、イタリア文化遺産省が後援、イタリア国営放送RAIがメディアパートナー。奇数年に放置してはいけない・忘れてはいけない場所・モニュメントを募集し、翌年の偶数年に投票、そして上位に選ばれたものに資金提供を行い、修復、運営を手助けするものです。ちなみに1位は5万ユーロ、2位は4万ユーロ、3位は3万ユーロ、さらに順位に関わらず投票で5万票以上獲得した遺産はFAIのプロジェクトにエントリーできるので、1回目の2003年から合計19州・119か所の保存活動が行われ、エントリー数、投票参加数、そして資金提供を受ける場所も年々増えています。

今年はなんと4万件以上がエントリー!いくつかを見ましたが、名の知られていない素晴らしい場所・モニュメントがこれほどまでにあるのか!と感嘆するばかり。投票は12月15日までですが数週間に1回ランキングの更新があり、現在のトップはフィレンツェ県のサンメッザーノ城です(私がウェブマガジンに5年前に寄稿した記事)。実はこのサンメッザーノ城、2016年にI Luoghi del Cuore に参加して、1位となっているにも関わらず、今回もまたエントリー。5年前の記事でも写真提供を頂いた SAVE SAMMEZZANOに聞いてみると、やはり所有者自身のエントリーでなく、また負債賠償の競売対象となっているため、資金提供を受けられなかったのだとか・・・今回も同じ状況でのエントリーですが、私も訪問した特別無料公開も4年前に中断するほど、老朽化が激しいサンメッザーノ城。このままでは本当に忘れ去られていくだけ、との危機感を持ち、たとえ資金提供を受けられなくても名前が世間の目に触れて現状打破の糸口をつかみたいとのこと・・・実際に見た私も、常に気にかけているとはいえ、何もできない状況がもどかしく、今回ももちろん投票しました。私のフォロワーさんからも質問があるほど、日本でも見たい人がたくさんいるはず・・・そんな方は、ぜひこの投票に参加してください。参加方法は

  1. FAIのこのページをクリック
  2. 「VOTA CON 1 CLIK」をクリック
  3. 投票者の情報入力画面が出ますが、フェイスブックのアカウントがある人はマークをワンクリックで投票完了

締め切りは12月15日まで。もちろん、サンメッザーノ城だけでなく、他に気になる、応援したい場所やモニュメントがあればそちらを投票してくださいね。サンメッザーノ城を訪問した時の様子は、近いうちにこのサイトでもリライトして記事を更新しますので、お楽しみに。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. トスカーナの山ン中で、大人のパジャマパーティ

  2. 隣の州なのに違う、エミリア・ロマーニャ州とトスカーナ州の風景

  3. 【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

  4. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

  5. ある土曜日の、ほっこりとする2つの出来事

  6. 【電子書籍】2冊目「トスカーナのおうちごはん」表紙アンケート開催中です

Copyrighted Image