「バロネッサ」っていったい何者?イタリア貴族の名称と格付けを調べてみた

長い長い歴史の中で、各国で生まれた「貴族階級」。現在の普段の生活では関わりがないとはいえ、どう違うんやろ?と疑問が出てきたので、ちょっくら調べてみました。

まずは WIKIPEDIA。各国語での名称一覧表&どこでどう生まれたかの由来があり、分かりやすい。イタリア語では貴族一般をNOBILEと呼び、割と聞く名称では、DUCA(公爵)、MARCHESE(侯爵)、CONTE(伯爵)があったのだけど、今回調べるきっかけとなったBARONEは「男爵」でした。

ざっくりとした格付けは このサイト が分かりやすい!つまり、BARONEは貴族の中では下級で、日本の中世だと「旗本」なんだって。ほほぉ~。

これを調べたのは、FRAZECRAZEさんのウェブマガジン記事の取材で「バロネッサ」=男爵位をもつ女性と会うことがあったから(記事はこちら「ルネサンス建築を高級ホテルにリノベーション!~LEONE BLU」)。旗本レベルとはいえ、格式高きお家柄の女性に取材だなんて、やっぱりちょっと緊張しました・・・なんせ、超平民日本人ですからね(爆)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

 

関連記事

  1. 【我が家の食卓】ピッツァにちょっとだけ飽きたら、「パンツェロッティ」

  2. トスカーナでの「ポレンタ」の食べ方はこの2つ!

  3. 本当に豊かな食生活とは?

  4. 「捨てないこと」は、嬉しいこと・美味しいこと

  5. この夏は薬指が鬼門・・・長男2度目の救急へ

  6. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

Copyrighted Image