自家製・梨のコンポート・・・2020年夏畑日記(6)

1か月前の更新で、わさわさ実ってきたとお伝えしていた裏庭の梨。皮が緑なので収穫時期を考えあぐねていたのですが、まさに同じ品種の梨(イタリア語でcoscia=太もも、という品種)がスーパーに出てきたので、いくつか収穫してみました。

合計25個くらい?生で食べるのには多すぎるし、固いものもあったので、毎年恒例のコンポートにしてみました。梨だけでなくリンゴでもOK、簡単でたくさん果物が食べられ、冷やしたら夏のデザートにもぴったり。果物の皮をむき、櫛切りにして芯を取り除き、レモンの薄切りと砂糖を入れて、蓋をしてコトコト煮るだけです。うちは梨12個とレモン1個半、砂糖大さじ1で作りました。

油断して下が少し焦げてしまいましたが、冷やして、ミントを添えてすっきりと。生だと12個なんて食べられないですが、これ、私とダンナのおやつで1日でなくなってしまいました!いつも生で食べようかな、と思いつつ・・・収穫した残り、まだ収穫していないものも、やっぱりコンポートで食べようと思います。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. ミケランジェロ広場の「BEE THE CHANGE」に込められた想い

  2. 寒くなってくると、むしょうに食べたくなるおやつ

  3. 2度目のオリーブの収穫

  4. イタリア語で履歴書を作るなら LiveCareer が便利!

  5. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

  6. 5週間皆勤&長男は最後の年、日本の小学校が終了しました

Copyrighted Image