子連れのお出かけぴったりの、日本のお菓子

それは、ブルボンのプチ・シリーズです!私が日本にいる頃からあったので、もうロングセラーの商品ですが今やその種類は 20種類以上で、実家近くのスーパーでも一棚丸ごと占めていました。これの何がいいかって、

  1. スリムなので、鞄の中でかさ張らない
  2. 甘い系、塩系、両方たくさんのバリエーションから選べる全て食べきれるほどの量なので、食べたらすぐに捨てられる(捨てられなくても、スリムパッケージなのでゴミとしてもかさ張らない)
  3. 一口で食べられるので、食べながらポロポロ食べこぼしがない!
  4. お値段も基本78円(実家近くのスーパーの場合)、この写真の左から5番目のブラウニーのようなちょっとリッチな種類は148円だったかな?

これを持って行ったのはUSJで丸一日遊んだ日だったので、子供たちが「お腹すいたー」というと1つ出し、
アトラクションでの長い待ち時間でまた1つ出し・・・とこの写真の10種類、全て1日でなくなりました。

という訳で、帰省で子連れお出かけの際は、定番の我が家のお菓子です!(決してブルボンのまわしもんではございません) 

 

関連記事

  1. 日々の発信&セルフマガジンの効果を感じる、嬉しい再会が続きます

  2. 「イタリアの笑えない話」を、これからもガンガン更新していきたい理由

  3. イタリアらしい?バジルエッセンス入りボディーシャンプーってどんな感じ?

  4. ギリシャに行ったら食べてみよう!ギリシャの郷土料理

  5. 「自分の将来を描く」、子供たちにとって一番大切なこと

  6. ローマを周るのに、いったい何日必要?

  1. トスカーナ、「チンクエチェント」のある風景

    2020.02.28

  2. 料理のレパートリーを増やす、もう1つの方法

    2020.02.27

  3. コロナウィルスで動けない時だからこそ!イタリアとオンライン&代…

    2020.02.26

  4. フィレンツェから「電車・バスで1本」で簡単に行ける、「初めての小…

    2020.02.25

  5. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい…

    2020.02.24

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image